クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ねずみのでんしゃ」 みんなの声

ねずみのでんしゃ 作:山下 明生
絵:いわむら かずお
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1982年
ISBN:9784893251763
評価スコア 4.73
評価ランキング 931
みんなの声 総数 87
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

87件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 電車ごっこ大好き♪

    息子が入園前にお気に入りだった絵本です。
    14ひきシリーズで有名ないわむらかずおさんですが、この絵本も可愛いねずみのきょうだいが登場します。

    いよいよ、ちゅうがっこう(ねずみの幼稚園ですって)が始まるというのに、子ども達は登校に乗り気ではありません。
    そこでお母さんがとった作戦とは・・・?

    電車ごっこ、子ども達は大好きですよね!
    ながーい線路状のものがあったら、わが子も間違いなく電車ごっこをはじめるはずです。
    こうやって登園するのも楽しそうですね。

    入園前後のお子さんにお勧めの絵本です。

    掲載日:2010/11/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • おかあさんの愛情

    ねずみのおかあさんの愛情から考えれたアイデアだと思いました。

    7つごちゃんのことが一番よくわかるおかあさんだからだと感心しまし

    た。それにしても電車ごっこでちゅう学校に行くアイデアが素晴しいで

    す。ずーとずーと電車に乗って毎日遊びながら楽しんでいけるのでよか

    ったです。へびに出会ってどうなるんだろう?・・・・・

    そんな時に仕掛け絵本の登場もよかったです。

    へびさんだけでなく、長い長い・・・・へびさんよりも10ばいも

    100ばいも長いねずみの電車にびっくりです!

    微笑ましくって嬉しくなる絵でした。やっぱりいわむらかずおさんの

    絵が楽しめて嬉しいです。

    掲載日:2009/04/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 7つ子ねずみは明日からねずみのようちえん。
    でも、みんなそろって行きたがりません。
    お母さんは、夜のうちにようちえんまで2本の毛糸をひいておきます。
    朝、毛糸は線路のかわりになって、みんなででんしゃごっこをしながらようちえんまで出発です。
    途中でほかの子供達も、でんしゃの後ろにつながって
    とても長いちゅうちゅうでんしゃができました。
    ところがトンネルで蛇に鉢合わせして…

    ようちえん、行きたくない…と言っていた息子にぴったりだと思い購入しました。
    こんなでんしゃがあったら楽しいのに、とうらやましがりましたが
    ようちえんバスが新幹線なので
    ほら、ちゅうちゅうでんしゃより格好いいよ〜とのせたら
    その気になって通っています。

    とても可愛い絵で、内容もほのぼの楽しいです。
    幼稚園に通うお子さんにぴったりだと思います。
    息子には新幹線バスのほうが格好いいよ、と言いましたが
    ちょっぴりちゅうちゅうでんしゃをうらやましいと思っている母です。

    掲載日:2008/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • いわむらかずおさんの絵

    いわむらかずおさんの作品だったので選びました。岩村さんの作品で仕掛け絵本は初めてだったのでとても興奮しました。そして、その仕掛けの面白い事といったら!この仕掛けがこの絵本の魅力を高めている気がしました。穏やかな楽しい日常とお母さんの子供を思う気持ちの強さを感じられる絵本でした。兄弟が多いのはやっぱりそれだけで楽しそうだと思いました。おかあさんの知恵にも脱帽です。自然の草花もたくさん登場して見ていて飽きませんでした。

    掲載日:2008/04/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • ここにもかわいい7ひきねずみ

    いわむらかずおさんの14ひきのシリーズとおなじく、とてもかわいい
    こちらはお母さんとななつごちゃん。
    ちゅうがっこうって言うのは面白いですね。
    ラストのたくさんたくさんのちゅうがっこうにかようネズミさんたちの
    行列をみていると、ごうくんやなっちゃんとかもいるかもしれないなあ
    と思ってしまいました。
    ななつごちゃんのおかあさんが考えたアイデアはすごいですね。
    これなら、道に迷うこともなく、みんなちゃんと学校と家を往復できます。
    とてもかわいい絵本です。

    掲載日:2017/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いお母さん!

    ちゅうがっこう(ねずみの学校)に行くのを嫌がる子どもたちをどうやってがっこうへ行かそうと頭を悩ますお母さん。子供たちが喜んで行く方法が…!
    いわむらさんの絵がやっぱり素敵で見入ってしまいます。実はしかけ絵本なのも楽しめる要素となってます。こんな素敵な絵本があったとは…!

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きです!
     
    七つ子ねずみたちのシリーズ
    このお話はお母さんのアイデアが抜群    こども達をちゅうがっこうへ連れて行くのです

    いやがるこども達の好きな電車ごっことは おもしろいな〜
    お母さんはちゃんと こども達の気持ちを知っていて  うまいな〜
    しかも 電車ごっこの電車が どんどんつながっているのが圧巻ですね

    子育てママ  ねずみのお母さんのアイデアをまねっこしたらおもしろそうですね

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちゅーちゅーごーごー

    現在2歳半ですが、一歳のときに購入しました。テンポの良い歌に合わせて、体を揺らし毎日にように読んでいました。本の内容がしっかり把握したのは2歳に、入ってからだったような気がします。2歳半の今では、感想までちゃんと言ってます。

    掲載日:2015/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車で行こう

    ちゅうがっこう(中学校ではありません、笑)に行きたくない子供たちのためにお母さんはある工夫をします。
    親目線で読むと、まず、子供を楽しませるために、素敵な思いつきをするお母さんねずみは素晴らしいです。見習わなくちゃと思います。
    そして、お母さんのアイディアで子供たちは大喜びで登園します。
    その道中のハプニングもとっても可愛らしいです。

    掲載日:2014/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車ごっこの思い出

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子17歳、女の子12歳

    幼い頃、電車の図鑑にしか興味を示さなかった息子でしたが、このお話は楽しんでいました。
    読み聞かせの時「ちゅーちゅーごーごー‥‥‥」のところがテンポよく、読みやすかったです。
    幼稚園でなわとびを跳ぶ練習をしている子供たちを尻目に、なわとびで電車ごっこにつきあってくれる友達をみつけ、楽しそうに電車ごっこをして遊んでいた息子の姿が思い出される1冊です。

    掲載日:2014/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

87件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『にじいろのネジ』安田真奈さん、はりたつおさん、河野裕さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット