あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

フレーベル館だいすきしぜん(たべもの) うめぼし」 みんなの声

フレーベル館だいすきしぜん(たべもの) うめぼし 指導:石橋 國男
料理:辰巳芳子
写真:山本 明義
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784577034392
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,177
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うめぼしのこと

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    うめぼしのことがわかる写真絵本です。うめぼし好きな我が子に読んでみました。
    うちの近所に落ちていた実は梅の実だったんだねーと言いながら子供といっしょに読みました。
    うめはうめぼし以外もお役立ちですね。
    うめぼしができるまでがわかりやすく描かれていました。
    読んでいて口が酸っぱくなります(笑)。

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハマっているので

    最近私が甘い梅干しにはまっているので、この本を読んでみました。子供はあんまり見ないかと思ったのですが、意外に食いつきがよかったです。作ってみたくなったらしく、来年自分のおばあちゃんと一緒に作ってみたいと思わせる絵本でよかったです。

    掲載日:2012/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梅干つくり

    表紙を眺めているだけで『すっぱ〜い』とよだれが出てきそうです。
    この絵本は梅干を作る工程を、子供にも分かりやすく説明している写真絵本。
    うちの子も梅干し大好きなので、迷わず手に取りました。

    普通は梅干を作る工程って、なかなか見れないですよね。
    どうやってまだ青い実があんなに赤く染まるのか、娘も知らなかったので、興味深そうに聞いていました。
    こうやって色々な工程を経て出来上がっていく梅干。
    自分で作ってみるのも良い体験になりそうです。
    梅干好きな子、是非読んでみてください。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梅干好きに。

    • モサムネさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子3歳

    息子が自分で選んで、貸し出しをお願いしている最中も「うめぼし借りるの」とウキウキしていました。

    フレーベル館のしぜんシリーズは私も大好き。
    「科学する心が育つ絵本」まさにそんな感じ。

    今まで梅干を見るだけで嫌がっていた息子が、
    はちみつ梅だけど、お茶漬けに入れて食べることができました。
    梅干をつけるにはまだ時期でないので
    市販の梅を使って、いっしょにおにぎりを作ったりもしました。

    掲載日:2010/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梅干しを作る工程、知ってますか?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    表紙を見ればすぐに分かりますが、写真絵本です。
    見てると口の中につばが出てきます。
    この絵本を見ながら、そういえば、私の家も小さいころ梅干しをつけてたな〜、ちいさなベランダで、母や祖母が梅干しを広げて乾燥させてたな〜と、懐かしく思い出しました。

    今の子どもたちは梅干しを作る工程なんか、きっと見たことないですよね?
    お話会というより、ブックトークで小学校の子どもたちに紹介したいなぁ。と思う1冊でした。

    掲載日:2010/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • うめぼし

    フレーベル館の”だいすきしぜん”シリーズが好きなのでこの絵本を選びました。写真を多用して説明してあるのが良いと思いました。御婆ちゃんが孫たちと一緒に梅干しをつける様子がとても楽しそうで良かったです。こうして一緒に作る事で日本の文化と御婆ちゃんの知恵を伝承出来るのが素晴しいと思いました。梅干しを実際に漬けてみたくなる絵本です。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット