あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

えかきむしのきもち」 みんなの声

えかきむしのきもち 作・絵:中川洋典
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,333+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784494025411
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,617
みんなの声 総数 5
「えかきむしのきもち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵が大好き!!

    このお話の主人公の男の子は、本当に絵を描くのが好きなんだな〜って感じでした。絵を描いている時には、集中して違う世界にいるって書いてあったのですが、それくらい熱中するものがあるってステキなお話だな〜って思いました。

    掲載日:2012/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が大好き

    絵を描くことが大好きな男の子です。周りのことを気にしないで夢中になって描いているから幸せだと思いました。やっぱり夢中になって熱中できることがあることは幸せなことだと思いました。なんでもその子がやりたいことは喜んでやらせてあげたいと思いました。孫にも熱中できることが出来るといいなあって思いました。

    掲載日:2011/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作者の気持ちなんだろうな

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子7歳

    絵を描くのが好きな人の気持ちって、きっとこんなんだろうなあ!って思わせるお話です。絵心のない自分には到底、感じることのない気持ちにあこがれを抱きつつ、読みすすめていきました。
    自分がもつことのなかったこんな気持ちを、子どもには少しでも持ってもらいたいなあとか、そんな希望をもったりもして。今のところ、子どもにその兆候はみられませんが、絵じゃなくても、なにかにうちこめる子どもになってほしいなあっていう気持ちにはなりました。
    このお話は、きっと作者の気持ちがストレートに表れているんでしょうね。好きなことに出会い、それを楽しんでいるときの幸福感を、読んでいていっぱい感じることができました。

    掲載日:2010/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 受け止め、流す

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    絵を描くのが大好きで毎日毎日すごく真剣に絵を描き続ける虫=えかきむし。
    これ少し前の息子の事!?
    最近はブロック虫ですが(笑)
    少し前まで暇があれば絵を描いていました。

    この絵本のえかきむしは、息子をもっともっと上回り、本当〜〜〜に絵を描くのが好きな男の子。
    とにかく時間さえあれば絵を描き続け、そのうち壁や車や道路にまで!
    その頭の中もものすごい世界!
    すごすぎてついていけない〜〜^^;

    ここまでくると迷惑なほどだけど、学校の先生はちゃんと受けとめ、上手く流します。
    好きなものに限度を与えず、その子の世界を大切にする事も大切だなぁと感じました。
    好きなものがどんどん好きになるし、色んな可能性を広げていきますよね^^
    私も息子の世界を大切に。
    他人に迷惑かけない程度に受け流そうと思いました。

    掲載日:2009/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好きこそものの上手なれ

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    絵を描くことが大好きな男の子のお話です。
    好きこそものの上手なれ、そんな言葉もありますが、夢中になるとどこにでも絵を描いてしまうのはちょっと困ってしまいますよね。
    困惑する大人たちがいる中、学校の先生は男の子のことを「えかきのむし」と言います。
    変な名前だけど、何だかうれしい気持ちがわいてくる男の子。

    どこにでも絵を描いてしまうことをいたずらだと注意するのではなく、逆にほめることを言うような先生。
    男の子がエスカレートしていっても、愉快にかわすその姿に、何か大切なことを学んだような気がしました。

    男の子の想像力には目を見張ります。
    大人になったらどんな絵かきになるのだろう。
    将来が楽しみにもなります。

    もしかして、この男の子は作者の中川洋典さん自身なのでしょうか。
    そんな気がしました。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット