大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

てぶくろをかいに」 みんなの声

てぶくろをかいに 作:新美 南吉
絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784323038872
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,115
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 寒くないように

     自分は寒さをがまんできても、こどもに寒い思いはさせたくない、というお母さんぎつねがせつないです。人間と同じですね。

     人間はこわい、というお母さんぎつねの気持ちはわかるけれど、人間側の気持ちもわかります。いたずらされたり、木の葉のお金を使われたら困ります。

     いもとさんの描くきつねの親子の、不安そうな表情や、ほっとした感じがしみじみしました

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • いもとさんのキツネ

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    いもとさんの描くキツネ、
    柔らかそうな温かそうな毛の色と毛並みが、
    子どもの頃から大好きです。

    このお話は子どもの頃から知っていますが、
    子を持つ親になると、感じ方が少〜し変わりました。
    母ギツネの子どもを思う気持ち、痛いほど分かるようになりました。
    ・・・と同時に、
    自分は足がすくんでしまう恐ろしい場所に、
    私なら我が子を一人では行かせられないなぁ・・・なんて。

    大事な大事な可愛い子だから、手袋をさせてあげたい。
    でも、人間はとても恐ろしい・・・。
    母ギツネのジレンマが、今ならとてもよく分かります。

    我が家の子ども達は、どう感じるでしょうね^^
    “人間は、動物達にとって恐ろしい存在にもなり得る”
    ということを娘が理解できる年頃になってから、
    読み聞かせしようと思います。

    掲載日:2011/05/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • お腹の中にいたときから

    この本を買ったのは、娘がまだお腹の中にいた頃。

    まだ見ぬ赤ちゃんとの生活を想像しながら、自分が幼い頃に読んでもらったこの本を手に取り、お腹の赤ちゃんに読み聞かせていました。

    子供が生まれて、2歳過ぎてから、また読んであげると、何度も
    よんでっと言い、もしかしたら潜在的な記憶が残っているのではないか
    なと考えたりしました。

    娘が3歳になった今でも、読み返す度に、お腹が大きい頃の、
    早く赤ちゃんに会いたい気持ちを懐かしく思い出します。

    今も昔も変わらぬ、子供を愛おしくおもう優しい母の気持ちが
    温かく描かれた一生忘れられない一冊です。

    掲載日:2009/08/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 暖かい気持ちになれる名作ですね

    昔のお話は、切ないお話が多いですが、このお話は
    ハッピーエンドなので安心して読めます。
    初めての雪におどろき、よろこび、あそんで
    冷たくなった手を母親に差し出す子ぎつねの様子が
    本当に愛らしい文章になっています。
    手袋を買ってあげようと決心したのに、
    いやな思い出のために足が前に出ない母親。
    反対側の手を見せてしまうのは、子供だったらしそうなこと
    差し出したちいさな手がかわいい。
    いもとさんの描いた絵がやさしい文章とマッチして
    ほのぼのとした気持ちになれる絵本でした。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親心

    全頁試し読みで読みました。「てぶくろをかいに」は、いつ読んでも親心が心に染みて親の有り難さがわかり、ほろっとさせられます。幾つになっても親って人間でもきつねでも子供を思う親の気持ちは一緒なんだと思いました。小さい子を寝かしつけるお母さんの言葉に感動しました。
    「めくといかあさんの手」にも、この言葉使うなあと思いました。いもとようこさんのきつねの親子の愛らしい絵は、最高によかったです!

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛く温かい絵!

    「てぶくろをかいには」本当に有名なお話で,いずれ現在4歳の娘にも読んであげたいなとずっと思っているお話の1つです。
    新美南吉さんのお話,私は大好きなので子供にも味わってほしいのです。
    「てぶくろをかいに」たくさんの絵本がありますね。
    絵でかなり雰囲気も変わってくるので,読み比べて購入したいと思い,今回はこちらの絵本を読ませていただきました。
    いもとようこさんの可愛らしく優しいタッチの絵は,ほんわかした「てぶくろをかいに」で寒い雪の季節さえも温かい気持ちになれます。
    可愛らしい絵なので幼児にはおすすめの「てぶくろをかいに」だと思いました!

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    いもとようこさんの名作絵本シリーズ。
    名作「てぶくろをかいに」にいもとさんのあたたかい絵がとてもあっているなーと思いました。お話もあたたかいお話なのでよかったです。あたたかいと同時にかわいい絵!
    きつねくん 今後、人間と仲良くなれるといいな。

    掲載日:2014/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読むと心が温かくなる

    小学生の頃、教科書に載っていた記憶があります。

    おそらく「ごんぎつね」も載っていたと思いますが、
    こちらのほうが印象に残っています。

    いもとようこさんの温かいイラストで、
    この物語の魅力が何倍にも増しています。

    雪の日のお話なのに、読むと心が温かくなる。

    改めて、新美南吉さんのほかの作品も
    読んでみたいと思いました。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい母の愛情

    寒い日に手袋をひとりで買いに出かけた子ぎつね、その帰りを
    心配して待つ母きつね。寒い雪の降る夜に、母の愛情の
    温かさがとても伝わりました。
    あれだけお母さんが注意したのに、間違った手を出してしまった
    子きつね。その子きつねに手袋を売ってあげたお店の人、優しさに
    ほっとしました。

    掲載日:2013/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもとようこさんの温かい絵が素敵です

    8歳の娘が、学習発表会で『てぶくろをかいに』の歌をうたうというので、
    是非本でも読んで欲しいと思い、図書館から借りてきました。

    このお話の絵本というと、黒井健さんの絵が浮かびますが、
    いもとさんの優しく温かい絵のものもいいなと思いました。

    こぎつねの純粋で無邪気な様子と、
    母さんぎつねのこぎつねへの愛情、そして
    人間の怖さをしっているために湧き上がる複雑な感情がよく伝わってきました。
    私だったら、こぎつねひとりで町にやれないなぁ(><)(涙)。

    一緒に見ていた3歳の娘は、
    片方だけ人間の手になったこぎつねを見て「わぁ、変!(笑)」と言っていましたが、
    静かに最後まで聞いてくれました。

    「反射」や「ぼたんいろ」「シャッポ」など、
    娘たちには聞きなれない言葉も出てきますが、
    長女も次女も、このお話が大好きになりました。

    黒井健さんの絵も素敵ですが、
    いもとようこさんの絵も文句なしに素敵でおすすめです(^^)♪

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット