ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

まじょとねこどんほうきでゆくよ」 みんなの声

まじょとねこどんほうきでゆくよ 作:ジュリア・ドナルドソン
絵:アクセル・シェフラー
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年11月
ISBN:9784566007253
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,858
みんなの声 総数 8
「まじょとねこどんほうきでゆくよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白い!

    ハロウィーンが近くなってきたので、魔女の絵本を選びました。この絵本を選んで大正解。本当に面白い。魔女とねこどんがほうきに乗っていると、魔女が順番に帽子やリボンを落としてしまい、拾ってくれたお礼にその動物達をほうきに乗せてあげます。でも、重みに耐え切れずほうきが折れてしまいます。魔女はそのままドラゴンのいるとこに行ってしまい・・・。ハラハラドキドキのお話です。娘と一緒にとても楽しませてもらいました。是非読んでみてください。

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • たくさんの仲間たち

    このお話は、魔女が自分の持っているのもを放棄に乗りながら一つ落とすたびに、動物たちが見つけてくれて、その動物が仲間になってみんなで月を目指すというお話でした。なんか桃太郎のおとも的な感じで、なんかかわいいお話だな〜って思いました。子供もどんどん仲間が増えていくのが面白かったみたいで笑って見ていました。

    掲載日:2013/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔女がほうきに ネコと一緒にのってると 突風にとんがり帽子が飛ばされた
    こんな おもしろい書き出し まじょの帽子をとった顔 鼻は垂れ下がり かわいい?おばあちゃんだ。

    でもぼうしは 犬が見つけてくれて 犬も ほうきにのって 絵がとっても かわいく リボンが落ちる所なんかも、楽しく描かれて 
    お話と絵が とっても気に入りました!

    みんなが 魔女の落とし物 ひらってくれて ほうきにのるのがどんどんふえて

    重たそうと思ったら  あら・・・ ポキンッ! ほうきが おれて まっぷたつ!
    あらら・・・・

    かわいそう! みんなは 落ちてしまいます

    魔女は?  雲の中に  待ちかまえていたのが?
    これは読んでのお楽しみ! 

    みんなが 魔女を助けてくれて こんな ハッピーなことはないよね!

    楽しいお話に はまって ニンマリしながら読んでます

    ラストの 完璧な まほうの ほうきも 魅力的!

    「私も、乗せてください!」 
    でも 魔女にだめ!て言われそう・・・・
    この魔女が好きになりました!

    子供たちにも 楽しいお話 読んであげたいですね!!

    掲載日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆかいな魔女さん

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    とんがりぼうしの魔女とねこどんが、ほうきでいくよ。
    すると、とんがりぼうしがとんでった。
    「下へ!」の命令で、ほうきは地面に、そこで、とんがりぼうしをくわえた犬が登場!
    犬も一緒にほうきに乗って、とんでいると、魔女の髪のリボンがとんでいきました。
    単純な繰り返しですが、やがて大事件が…

    リズミカルな文章は、声に出して読むと、楽しさが倍増します。また、なんともユニークな絵に親しみを感じ、何度も繰り返し読んでみたくなる絵本です。

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢が広がる

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    絵があまり好きじゃないなあと思いつつも、魔女の絵本が好きだというだけで
    借りてみました。が、予想以上に面白かったです。

    言葉のリズムも良いし、展開の波のようなものが、心地よく、
    「下へ!」と魔女が言うたびに、娘が「またー!?」と笑っていました。

    魔女と竜が対立する展開には驚きました。
    竜が魔女を食べようとするなんて!!
    そして、何よりも最後の場面が素敵。
    こんな魔女、見たことない!
    とても、夢が広がりました。

    掲載日:2008/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • スト−リーが小気味良い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「ぼくのママはどこ」が我家でヒットしたジュリア・ドナルドソンの作品です。
    イギリス グラスゴーのお住まいの三児のお母さんです。

    お話は、魔女とねこがほうきで飛んでいるところから始まります。
    飛んでいる時に、何かを落としては見つけてくれた動物をお供にするので、どんどん仲間は増えていきます。
    この辺りのくだりは、まるで桃太郎と全く同じ。

    そして、魔女がドラゴンに食べられようとするのを助ける様は、ブレーメンの音楽隊を彷彿させてくれます。

    ストーリーの流れがとても小気味良くて、読んでいて気持良く読める絵本です。
    韻をふんだ原文も是非読んでみたいものです。

    ストーリー・絵とも、日本の作品とテイストがかなり異なるのですが、凄く楽しめる絵本なのでオススメします。
    ムースさんの論評にもあったとおり、日本語なら就学前後、英文なら中学生にピッタリの絵本だと思います。

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険気分が味わえます。

    • みとひとかさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子7歳

    一年生の娘のクラスの読み聞かせで、あるお母様が
    リズミカルに読んでくださいました。
    ももたろうの如く、次々と仲間が増える様子・・・
    ドラゴン登場の危機・・・ラストの素敵な魔法!
    子どもたちもグイグイ惹きつけられていました。

    掲載日:2005/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆかいな魔女と動物たちのお話

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     魔女と猫が登場するのでハローウィンのお話かと思っていましたが、そうではなくて動物たちが魔女を助けてあげるちょっとした冒険物語でした。ドラゴンを追い払う場面は、ブレーメンの音楽隊のような感じ。原書は「Room on the Broom」。タイトルからわかるように、本文中もお話はすべて韻を踏んだリズミカルな英語で展開されます。邦訳にもリズムがあって軽やかに読み進めることができました。
     息子の好きな場面は、ほうきの折れてしまうところ、ドラゴンを追い払うところ、そして最後のページ。その最後のページですが、ちょっと現代っぽくって意外でした。終始息子の笑い声が絶えず、「もう一回読んで」のリクエストを何度も受けました。イラストが親しみやすくてとってもいいです。息子もこんな感じの絵を描くので、母親のわたしとしてはそんなところもお気に入り。
     クリスマスにドナルドソン/シェフラーコンビに魅せられて以来、この2人の作品は常に注目してきましたが、日本語版に関してはそこに久山氏の訳も重要な役割を果たしていることを実感します。就学前後のお子さんにおすすめ。原文の韻は英語の学習にいいかも知れません。こちらは中学生ぐらいからでしょうか。

    掲載日:2003/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット