だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

紙芝居 やさしいまものバッパー」 みんなの声

紙芝居 やさしいまものバッパー 作:野坂 悦子
絵:降矢 奈々
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2009年10月
ISBN:9784494090754
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,487
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 設定が微妙ですね

    タイトルがやさしいまものということなので

    悪い人ではないことが予想されますが、

    まものらしい怖い部分が全くなくちょっと期待はずれ。

    こんなに悪い人でも実は優しいんだという

    流れにはならなくて、微妙でした。

    昼間は力が出ないとかで、小さいんです。

    うーん。どうもしっくりきません。

    この紙芝居のねらいは心の触れ合いだそうです。

    それならまものというよりはわかりやすく

    鬼とかにしたほうがよかったかもしれません。

    二枚使ってまものが大きくなっている様子を

    みせるページがあります。

    ここは効果的だと思いました。

    掲載日:2013/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜバッパー

    梅雨空の重苦しい暑さの中この紙芝居を小学三年までの学童さんで演じました。12場面でお話が短いですので、まものがじつは優しいという対比がすこしわかりにくかったと思います。また小学生に呪文をいってもらうのはちょっと無理かも・・・。ですので最初の魔物の部分をすごく溜めてこわーくやりました。

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / きんぎょがにげた / うんちっち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット