しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おおいぬのふぐり」 みんなの声

おおいぬのふぐり 作・絵:矢間 芳子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2009年03月
評価スコア 4
評価ランキング 20,116
みんなの声 総数 3
「おおいぬのふぐり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 観察日記

    へぇ〜、「おおいぬのふぐり」っていうんだ。
    そういわれれば、よく見かけるような気がします。

    実際の大きさや、花の拡大図にしくみ、一日の様子や成長の様子など、
    細かく描かれています。
    「おおいぬのふぐり」という名前の由来なども丁寧に解説されていて、図鑑的な要素もありますが、ゆったり丁寧に描かれたようすは、図鑑というより観察日記という感じです。

    なんだか、ほっとする雰囲気。
    ひとつの花をじっくりみてみるのもいいなって思いました。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写実的な表紙が素敵だったのでこの絵本を選びました。本物と見間違うほど葉っぱの葉脈までしっかりと書き込まれている所が素晴しいと思いました。おおいぬのふぐりがどうやって子孫を反映させていくのかを学べる絵本でした。種の不思議についても詳しく知ることが出来るのが良いと思いました。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 丁寧な観察の成果が見られます

    道端で見かけたこともあるようだけど、あまり気にせずに通り過ぎていると思われている「おおいぬのふぐり」。

    すごいなあと思ったのは、一年の経過がわかることです。

    丁寧な観察の成果が見られます。

    息子にうけていたのは、「おおいぬのふぐり」の名称の由来です。

    こんなところに、反応するのは、男の子だなあと思いました。

    おおいぬのふぐりだけでなく、春の雑草の名前もわかりました。こういう配慮はうれしいです。

    雑草は、小さくても細かい種がたくさんできるんですね。

    雑草パワーの強さを感じました。

    絵も細かいところまで丁寧に描かれていて、好感を持ちました。

    掲載日:2009/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット