ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

あんなになかよしだったのに…」 みんなの声

あんなになかよしだったのに… 作・絵:かさい まり
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784893257390
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,130
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 学べて微笑ましい良作!

    軽い言葉が他人を傷つけること、ありますよね。
    そしてそれに当人は気付かない。

    でも、相手が傷ついたことが分かって、考え、行動した「だい」はとっても偉いなァと思います。
    なかなか素直に言えない「ごめん」も、ずっとなかよしのためには必要なことなのです。

    最後のオチでは思わず頬が緩んでしまうシーンもあり…

    この本、絶対自分の子どもには読んであげたいなと思いました。
    ママやパパは是非読んであげてください♪

    掲載日:2010/05/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 言葉って大事です

    一年生の子供達に読み聞かせをする為に、手に取った絵本です。いつも一緒で仲良しだからと言って、何も考えないで、発した言葉に傷ついている友達がいた事、どうして怒っているのか分からない事、色々今までの自分を振り返る所など、<友達は大事>と考える時間だったことでしょう。小学生には限らずこれから親から離れてどんどん友達が広がると誰にでも経験しそうな話でした。謝ろうと決めてから、頭の中にいっぱい言葉が浮かび「ごぼうむしなんかじゃないよ!!!」と言ってしまう所はすごくかわいいです。我が子にも、友達を大切に思い、まちがった事をしてしまったら、素直に謝る心を持って欲しいと願います。

    掲載日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぜひ学校で読み聞かせてほしい

    • さるとびさすけさん
    • 40代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子18歳、男の子14歳、男の子9歳

     最近、我が子の言葉がどうも乱暴になってきて気になっていました。それに相手のことを考えずにしゃべっているのでは・・と思うところも・・。そんなときに手に取りました。
     この本は、まず絵がすてきです。表情だけでも、心の中がわかるようです。それになんといっても景色がすてき!!きっと北海道だと思います。
     言葉で友達を傷つけてしまっただいは、一所懸命謝る言葉を考えます。そして口から出た言葉は・・。ここでほんわか、笑ってしまいました。ぜひ、小学校で読み聞かせて欲しい本だと思います。

    掲載日:2009/06/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 伝えたいことが凝縮されています!

    「今の子供は、昔みたいに思いっきりケンカをする事がないよね…。だから、小学校の読み聞かせでもっとケンカネタを取り上げてもいいと思う」というお母さん同士の会話がきっかけで、この本に出会いました。

    それまでにも色々、ケンカを題材にした絵本を借りて借りて借りまくりました。
    おかげで良い本に沢山出会えましたが、その中でもこの本は秀逸だな、と感じています。
    「いじめ」や「殴り合い」の描写がないので小さい子にも親しみやすく、かと言って「ソフトタッチすぎる」事もありません。
    子供特有の残酷さは、きちんと描かれています。
    いじめられた子の気持ち。
    やってしまった子の気持ち。
    仲直りの方法。
    この本には、ぜーんぶ描かれています( ^-^)
    1人で読んだ時には、涙してしまいました…やられた子の悲しい気持ち、やってしまった事を理解するまでの辛い気持ち、そしてそれを見守りたい親の気持ち(私自身ですね)が全部ストレートに伝わってきます。

    我が子(5歳と7歳の男の子です)に読み聞かせた時は、それぞれ違う捉え方をしながらも2人とも真剣に聞いてくれました。
    そして、ラストの「言いまつがい」の部分になると、ホッとしたのか堰を切った様に笑い出しました。

    小学2年生に読み聞かせボランティアしてきましたが、子供達の反応はやっぱり同じでした。
    小さな絵本だけど、子供達の来たるべき時に少しでも役立ってくれたらいいなって思っています。
    いじめる時も、いじめられる時も、みんな必ず来るのですから。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても可愛い二人

    絵が可愛くて大好きです。

    ちょっと一言が多い?くまと
    何でもおっちょこちょいのくま
    二匹のお話し。
    何気ない会話で相手を傷つけてしまう。

    そしてどんな大切な相手だったかを知る。
    人間でもよくありますよね。
    ちゃんと謝るこのと大切さを教えてくれます。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉

    タイトルが気になって選んだ絵本です。何気ない一言で相手を傷つけてしまうことってあるんだなあって今更ながら思いました。相手のことを思わないわけでないのに傷ついてしまうことがあるから、気をつけたいと思いました。かさいまりさんの思いやりのある優しい文章や可愛い絵が、心に響きました。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言った方と傷ついた方。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    この作品は「仲良し」とか、「ともだちの関係」について、大人が読んでも考えさせられてしまいます。

    強いこと・意地悪くも取れることを言った方の人間は、たいていの場合たいして悪気なんて持っていないんです。
    ところが言われた方は、ひどく落ち込んだり悲しんだりしてしまう。

    この絵本では、言った方といわれた方、それぞれの気持ちを子どもたちにもわかる形で表現してくれていると思います。
    《だい》にも《ちい》にも当てはまらない。というお子さんはまず、いないでしょう。
    読んでいるうちに、どちらかのキャラクターと気持ちが重なるのではないでしょうか?

    《ちい》に「やっぱり もう あそばないもん」といわれた後、草原で一人空を見上げている《だい》の姿がとても印象に残りました。

    友達を傷つけてしまった後の仲直りの言葉って、とっても難しいですが、
    この絵本の《だい》と《ちい》のように上手く仲直りできるといいなと、思います。
    また、この絵本を読んで、仲直りのきっかけになってくれるといいなぁと思いました。
    4,5歳くらいから小学校低学年くらいのお子さんたちにいかがでしょうか?

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲直りの言葉

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    何気ない言葉で傷つき、懸命な言葉で仲直り。
    そんな言葉について、そっと教えてくれる作品です。
    こぐまのだいとちいは仲良しなのですが、
    ある日、ちょっとした冗談がこじれて遊べなくなります。
    傷つけたのも、仲直りさせたのも、言葉。
    かさいまりさんのやさしいタッチの絵が、心を穏やかにしてくれるようでした。
    小学校で読みましたが、子どもたちも共感してくれていたようで、
    嬉しかったです。

    掲載日:2010/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りが増えました

    • HKKさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子5歳、男の子3歳、男の子1歳

    全ページ立ち読み企画で購入したこの本。
    普段喧嘩ばかりしている5歳と3歳の子供たちに読み聞かせました。
    まだ買って間もないのですがすっかり気に入り、3歳の子供は
    ページをめくりながら一人でブツブツ・・・何かと思ったら、文章を覚えていたんです!

    自分たちも知らない間に傷つけるようなことを言っていないか、
    本当はお互いが大好きだっていうこと、いつか理解してくれることをねがっています。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一言が他人を傷つける

    3歳1ヶ月の息子に読んでやりました。お友達と仲良く遊べたり、遊べなかったりの年頃なので読んでやったらいいかなーと思いました。結果として、まだちょっと難しいな、と思いました。

    まず、けんかの原因が他愛のない一言。でも、その一言が相手を傷つけてしまいました。まだカタコトしか話さないし、言葉で傷つけあうという年頃でもない息子にはまだ理解しがたいですね。

    そして、いつも特定の人と遊んでいるわけではないので、親友のような友達とけんかをしてしまったというこの本を理解するのはまだ早いみたいです。

    ただ、なんらかの理由でケンカしてお互いさびしい思いをしているというのだけは伝わったらしく、とにかくけんかしないで仲良く遊ぼうねというのをこちらも伝えるのが精一杯です。素朴な絵で感情がひしひしと伝わってきますので、一人ぼっちの寂しさや二人で遊ぶ楽しさなどを共有するには手ごろな本かもしれません。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなおおきなおいも / かえるをのんだととさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット