あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

うなぎさんにょろり」 みんなの声

うなぎさんにょろり 作・絵:なかの ひろたか
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784893257789
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,184
みんなの声 総数 6
「うなぎさんにょろり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 仕掛けが面白い

    • リーパンダさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    幼稚園で見かけた本で、
    子供たちが先生に「読んで〜」と、おねだりしていました。

    ウナギに逃げられないように、
    みんなで協力するところが面白かったですよ。
    仕掛け絵本なので、
    どんなふうにウナギが逃げていくのかがよくわかって、
    子供たちも覗き込んで、本を見ていました。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寿司屋さんよんで!

    • たっこんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    絵本の活きがいい!

    3歳の息子に、お寿司屋さん風(巻き舌で)よむと大喜びして、何度も「おすしやさんでよんで!」とリクエストされます。読んでいる自分も、楽しくなってきます。
    仕掛け絵本なので、さらに楽しいです。

    桶やまな板といった登場する道具もユニーク。

    結末がまたまた面白い!!息子は結末で大爆笑しています。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • にょろり

    うなぎって食べておいしいけど
    まだにょろにょろしている(生きている)ときに
    出会うことはめったにない。

    子どもたちにとって、
    食べ物に命があること。
    命をつないで生きること。
    を難しくなく教えれるお話。

    かば焼きのまえには、にょろにょろして、
    生きていたうなぎさん。
    このうなぎさんは運命に対しどう生きるか。

    ちなみにしかけ絵本ですよ(*^_^*)

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいっ!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    大きなうなぎを捕まえたおじいさん。
    タライに見張りを任せでかけていきます。
    任されたタライも真剣だけど、捕まったうなぎも逃げるのに真剣!
    めくるしかけが楽しい真剣勝負!!

    昔ばなしのようで、すごくおもしろかったです。
    出てくるものたちが結構古臭くて味があるんですよ^^
    私はタライさんの目線で読んだので、上手く逃げていくうなぎの様子に力が入りました。
    ドタバタながらも爽快!
    うなぎの絵本でこれほど面白いものは他にあるだろうかと思うほど、楽しいうなぎの絵本でした。
    (うなぎの絵本って珍しいですよね☆)

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • しかけえほんになっています。

    • ステップさん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 男の子12歳、女の子10歳、女の子4歳、男の子2歳

    ピンクの表紙にひかれて、手に取りました。

    ひらいてみると、

    うなぎを捕まえたおじいさんの家の さまざまな道具さんたちが 

    にょろりにょろり と にげるうなぎ を にがすまいと頑張る姿が

    とても 愛らしい 作品です。

    ページの半分が 観音開きになっているところもあり、子供は喜んで

    開いたり閉じたりして 逃げるうなぎ を楽しんでいました。


    作者あとがきも、裏表紙も楽しめました。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • うなぎを食べた後に読んだ方がいいかな

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子15歳、男の子14歳、男の子 5歳

    うなぎを食べる日なんだよーとスーパーで買い物の時、教えたもののもうすでに蒲焼き状態では、”うなぎ”が分からないようだった5歳の息子にちょうど図書館の新刊棚にこの本を見つけて手に取りました。
    おじいさんがおおきなウナギを捕まえて、たらいの(たらいも教えてあげられて良かった)中に入れ、”たらい”さんにしっかり見張っておいてとおじいさんが出かけていってしまいます。するとうなぎはこんなところにいては大変と逃げようと・・・・スッタモンダの場面展開が痛快で、余計な画がなく、すっきりしていてお話も画も分かりやすいのでうんと小さなお子さんから楽しめる”ウナギ”絵本だと思います。
    また度々のちょっとしたしかけ絵本の楽しみもあります。

    おわりっと本を閉じたとき、裏表紙の画を見て、あ〜と親子で顔を見合わせてしまいました。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / ノンタンぶらんこのせて / もりのかくれんぼう / がたん ごとん がたん ごとん / ぞうのボタン─字のない絵本─

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット