ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

紙芝居 やぎじいさんのバイオリン」 みんなの声

紙芝居 やぎじいさんのバイオリン 絵:岡野 和
原作:ハリス
脚本:堀尾 青史
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784494078905
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,465
みんなの声 総数 3
「紙芝居 やぎじいさんのバイオリン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今年最後の保育園でのお話会、紙芝居はなににしようか悩みましたが、ヤギ爺さんの飄々とした表紙にひかれこの紙芝居を選びました。
    お決まりのオオカミさん登場はすごくこわーい声で演じたら年中さんはひやーと怖がってくれました。最後はクリスマスの歌へと誘導してくれます。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 嬉しい誤算

    迷子になり助けをもとめて入ったこやが

    なんとおおかみの家。

    やぎじいさんは食べられてしまうのか。

    おおかみたちはさっそく包丁を研いでいました。

    あ〜怖い怖い!

    でもそのおおかみに食べられずに済みます。

    芸は身を助けるとはこのことですね。

    最後まで読んだら、急にクリスマスへの展開だったので

    驚きました。どこにもそんな話はなかったのに。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節ものなので、読む時は気をつけて!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    子どもに思いっきり「季節外れだよ〜」と、怒られてしまいました。
    何となく、題名に惹かれて図書館で借りてきたのですが、クリスマスのお話でした。
    お話の展開は「ヤギとライオン(「子どもに聞かせる世界の民話」に載っているトリニダード・トバコの昔話)」と似ているんだけど、紙芝居らしい面白さがありました。

    初めて聞くバイオリンの音色に、胸が苦しくなるほど感動しちゃう狼の夫婦って、いったい?(笑)
    読み手の私も子ども達も大ウケでした。
    ちょっと季節は外してしまいましたが、なかなか面白い作品なので、クリスマス近い時期に、どこかのお話会でやってみたいと思います。

    掲載日:2010/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / うんちっち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット