だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

大型紙しばい おとうさん」 みんなの声

大型紙しばい おとうさん 作:与田 凖一
絵:田畑 精一
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\8,000+税
発行日:2002年09月
ISBN:9784494076710
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 3年生の6月の読み聞かせに使いました。
    大型紙芝居なので大勢で見るのにぴったり!
    父の日がある6月なのでとてもよい選書でした。
    私はめくり手で、読み手はベテランママでしたが、
    化け物の名前をすらすら言えるように練習されたようで
    ほんとうによどみなく読んでいらっしゃって、
    こどもたちもいっしょに呪文のように
    名前をとなえていました。
    南国っぽいイラストも魅力的でした!

    掲載日:2015/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 南国の大らかで明るい雰囲気

    子ども向けのおはなし会で、この大型紙芝居が読まれていました。表紙の絵と「おとうさん」がミスマッチなので、「はて?」という感じだったのですが、お話がはじまると、すぐに雰囲気に引き込まれ、子どもたちと一緒になって、私もすごく楽しんでしまいました。
    「マンガラン・グリン・ベクー」と繰り返される魔物の名前や、魔物の「おとうさんって、いいな」「おとうさんでいるのもつらいよ」というつぶやきが、とても面白かったです。
    大型の紙芝居ということで、より迫力もあり、南国の大らかで明るい雰囲気もたっぷり味わえました。

    掲載日:2013/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後に…アラッ!

    • たれれんさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子10歳、女の子8歳

    小学校で高学年(4〜6年生)に読みました。
    言いにくく?覚えにくい?魔物の名前をみんな1回で覚え、声に出して呼んでくれました。

    内容は大岡越前っぽい感じでしたが、お国違えば裁き方も違い(当たり前ですが)子ども達には新鮮な印象でした。

    最後に魔物がいう魔法の言葉にしかけがあり

    「反対に読むと…?」と聞くと2人の子が正解!!

    そんな質問が出るなんて予告してないので、これには驚かされました!

    子ども達の記憶力と発想に驚かされます♪

    掲載日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おこだでませんように / いいから いいから3

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット