うさぎでうれしい うさぎはうさぎ うさぎでうれしい うさぎはうさぎ うさぎでうれしい うさぎはうさぎの試し読みができます!
作: さこ ももみ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
親子の1日は、こんなにもすばらしい!

キティちゃんのこうつうあんぜん」 みんなの声

キティちゃんのこうつうあんぜん 監修:セコム株式会社 子を持つ親の安全委員会
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784591108666
評価スコア 4
評価ランキング 21,171
みんなの声 総数 3
「キティちゃんのこうつうあんぜん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人はわかってるだろうと思っていても、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子4歳、女の子1歳

    子供は意外とわかっていない交通ルール。我が家の坊やも頻繁に飛び出しばっかりしているので、いつ大事故を起こしてもおかしくありません。再度この本で「君の行動はこれだけ危ないのだ」という事を再認識させたいと思います。

    掲載日:2018/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気をつけよう

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    キティちゃんの行動を見ながら、何が危ないか、したらいけないこと、注意すること等がお勉強できます。
    子供たちは「わかってるよー」と言いながらも、聞いてくれて、いい復讐になったと思います。わかっているとしても、たまにはこうして気を引き締めてほしいです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヒヤリ・ハット

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    外で道を歩くときに気をつけることを、キティちゃんと一緒にお勉強します。
    キティちゃんが不注意で危ない思いをする様子を、ヒヤリ・ハットの形式で紹介しています。

    娘にはまだちょっと早かったかなと思ったのですが、安全に関わる大切なことって小さいうちから繰り返し教えることが大切ですよね。
    この絵本のことは忘れないと思うので、道を渡るときなどに「キティちゃんもちゃんと手を繋いで渡っていたよね」などと声をかけながら注意していきたいと思いました。

    絵本の中ではキティちゃんが何度も危ない思いをします。
    娘は「あぶなーい!」と、ぶつかりそうになったバイクからキティちゃんを手で守ったりしていました。
    危ないということはちゃんと分かっているのです。
    あとは、ちゃんと注意するということをしっかりと教えていきたいです。

    掲載日:2009/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット