おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

紙芝居 かあさんのイコカ」 みんなの声

紙芝居 かあさんのイコカ 作・絵:降矢 洋子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\3,000+税
発行日:2004年01月
ISBN:9784494089376
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「紙芝居 かあさんのイコカ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アフリカの民話・紙芝居です!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    アフリカ民話の紙芝居です。
    図書館で、ふっと目に留まってそのタイトルとあらすじに惹かれて借りてきました。
    21場面もあり物語が結構長いので、あまり小さいお子さんやお年寄りの聞き手に読むには、ちょっと辛いかもしれませんが、機知に富んだ面白いお話でした。

    このお話の流れはヨーロッパやアメリカにも似たようなお話があります。(日本の昔話でいちばん近いのは「すずめのお宿」でしょうか?)
    善良な少女が、ふとしたことで異界に入り込み、そこに住む魔物のいうことをいくつかきいて、そのお礼として“箱(サイズ大・小選ぶことができることが多い)”をもらって帰ってくると、中からとても素晴らしい宝がでてくる昔話(民話)です。
    長い話では「隣の○○タイプ」が続きでついていて、
    この「イコカ」でも隣の意地汚いおばさんが、「それじゃ、うちの娘もその異界にやらそう」と欲をかきます。
    意地汚い隣の人は大概最低な目にあってしまいますけど、聞き手はそこが面白いのだと思います。

    画もはっきりとしていて見やすいですし、元々民話なのでお話はとても分かりやすいです。
    今度機会があったら、小学校の高学年のお子さんたちに読んでみたいです。
    ちなみに「イコカ」というのは、しゃもじのようなものでした。

    掲載日:2012/10/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット