なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

おばけのひっこし」 みんなの声

おばけのひっこし 作:さがら あつこ
絵:沼野 正子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1989年6月30日
ISBN:9784834008784
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,105
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • おばけとおとどの対決!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    9歳の息子、4歳の娘と読みました。

    子だくさんで家がせまくなったおとどが、
    広い家を求めて引越し先をさがすものの、
    そこにはおばけが住んでいるという噂が・・・

    と、ここから、絶対おばけに負けないおとどと、
    おばけたちの対決が始まります。

    次から次に出場しては、屋根裏に撃退していくおばけたち。
    おとどの強さ、おばけよ弱さ、
    そしておばけたちに采配を振るうおばけのおきなの様子が、
    もうとっても面白い!

    おとどもかなりすごいのですが、
    それ以上にしんなりと帰っていくおばけたちの姿が印象的で、
    かなり笑えます。

    テンポよくおばけ選手たちを撃退していくおとどと、
    最後はおきなの対決!

    と、対決が予想外に平和裏に進行するところも、
    これまた予想外で面白い。

    最後はとってもいいハッピーエンドです。
    9歳でも4歳でも、オトナの私も楽しめた素敵な一冊でした!

    掲載日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • おとどとおばけ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    「今は昔」の頃の、京の都のおとど(貴族の男の人?)のおはなし。
    おとどは子沢山で、家が狭くなったので広い屋敷を探していたのです。
    ようやく見つけた屋敷は、お化けが出るという噂ですが、
    試しに泊まってみた時のエピソードです。
    天井裏の仕切り役のおきなを中心に、お化けたちが次々とおとどを脅かすのですが、
    ことごとく失敗、ついには、お化けたちが引っ越す羽目になるのです。
    多少おどろおどろしいお化けたちですが、どことなくユーモラスで、
    子どもたちにも程よく怖いテイストだと思います。
    べんべろべえ、くびひょろりん、めらめらぼう、などなど、実に見事なネーミングです。
    平安時代風の、のどかな時代設定とマッチしています。
    おばけにひるまず、楽しんでほしいと思います。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • おばけのひっこし

    京都を舞台にした妖怪屋敷のお話。
    妖怪屋敷に引っ越してきた人間を脅かして追い出そうと
    妖怪たちががんばります。
    結局人間と話し合い、妖怪と人間が住まいを取り替えて
    引越し成立、となります。
    妖怪は怖すぎず、人間味あふれ、
    私は夢枕獏「陰陽師」を思い出しました。
    この世界観結構好きです。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • おばけたち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    広い屋敷に引っ越したいおとど。その広い屋敷にはおばけたちが住んでいて!?
    おばけからしてみれば、自分たちの屋敷にやってこられたら、それは追い出そうとしまうよね。
    おとど、いい度胸しているなー。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一生懸命なおばけたち

    5歳長女が幼稚園で借りてきました。おばけの大好きな長女。この絵本に出てくるおばけたちは決して可愛くはないんだけど、なんだか憎めないおばけたちでした。自分たちが住む家がなくなる心配をして、この家に引っ越してくる予定の男の人を怖がらそうとするのですが、全然動じない…。困り果てるおばけたち。長女は一生懸命なおばけたちに同情していたくらいでした(笑)

    昔ながらの感じの絵本だったので、こんなに面白いとは思わなかったです。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいおばけです。

    娘が大好きな、おばけの話だ!と思い読んでみました。
    おとどって何?とか時代背景がちょっと古すぎて興味持たないかな?と不安になりましたが、心配はいりませんでした。どんどん話に引き込まれていきました。
    おとどを追い出そうと、おばけがあれやこれや考えておどかしに行きますが、全然効き目がなくおばけは惨敗です。
    おとどが、べんべろべえとおばけを驚かすシーンはとても笑って次が読めなくなりました。娘も、べんべろべえが大好きで大きい声で何度も読んでいます。

    夜に読んでも、こわくなく、おばけもよく見るとかわいらしく楽しい時間を過ごせる絵本でした。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • とりかえっこ

    お化けと人間の家を交換するという斬新なストーリでした。子供もそれにはまって読み終わったら「面白かった〜!!」って言っていました。引っ越すまでのお化けとのやり取りが面白くって、結構字数はあると思うのですが、いつのまにか読み終わっていました。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたちはオバケ好き

    オバケと書いてある絵本は片っ端から読むという時がありました。
    この絵本もその1つ。
    おとどのドシンとした態度と、オドオド、アタフタするオバケたちの姿が対照的でとても楽しめました。
    オバケといってもみんな個性的で愛嬌があって、まったく怖くありません。
    子どもたちもこのお話が大好きで、図書館で見つけては今でも借りてきて読んだりしています。

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖くないお化け!?

    お化けが怖いけど、どんなお化けがいるのか知りたがる娘だったので、
    とっても怖がりな4歳の娘にこの本を読んであげました。

    子だくさんの家族が狭いお家から広いお家へ引っ越そうとし、
    引っ越し先の広いお家にたくさんのお化けが住みついていたお話。

    絵本では、次から次へといろんなお化けが出てきて、
    引っ越そうとする主人を怖がらせて逃げてもらおうとするけれど・・・。

    絵本に出てくるお化けが怖さ半分、親しみ半分、といった感じで
    娘もドキドキしながらも楽しく絵本を見ていました。

    絵本ではお化けを怖がらないご主人の姿が描かれていて、
    我が家の娘も怖がらなくても大丈夫なお化けもいるんだぁと言ってました。

    怖がりな娘も、「このお化けだったら水かけてやっつけられる!」
    など、絵本に出てくるお化けはすごく怖くはなかったみたいです。
    様々な特徴のあるお化けに興味津津で、刺激的だった様子です。

    少し怖がりながらも、怖いもの見たさ?!で何度も絵本を見ています。

    お化けとのやり取りが楽しい絵本でした。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物わかりがいいおばけ。

    始め「しょじょ寺のたぬきばやし」を思わせましたが、後半からがまた違った展開が待っていて、面白かったです。
    娘達がおばけが出て来るお話が大好きなので図書館で探していた中、タイトルだけで読んでみる事にしたのですか、いい出会いが出来たと喜んでいます。
    それにしても「べんべろべえ」「ほたるひめ」「くびひょろりん」とは、いかにも笑いを誘う名前のおばけ達ですよね。

    掲載日:2007/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット