庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

青いヤドカリ」 みんなの声

青いヤドカリ 作:村上 康成
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年06月
ISBN:9784198613747
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,447
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 海の描きかたが素敵です!

    素敵な絵に出会い心が癒されました。

    青い色が大好きな息子が図書館で見つけ借りてきましたが夜一緒に読みながら息子よりも私な方が素敵な海の描き方をされている作品に引き込まれてました。

    息子は少し前に水族館で見たウミウシやウニなど見つけて楽しんでいます。
    ヤドカリが青い貝殻にお引っ越ししてる様子も気に入っているようでした。

    シンプルな絵の中にも海の事がたくさん学べるように工夫が盛りだくさんだと感じとてもいい作品でした。

    海に行きたくなる素敵な絵がオススメの一冊です!

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • たこの案内で

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    たこの案内で海の中へ。
    海デビューを先日した子供に読みました。
    この本ほどの海体験は年齢もあってできていないけれど。
    どちらかと言うとプール派なのですが、海には海の良さがありますね。
    青いヤドカリというタイトルですが、ヤドカリはさほど目立った印象がありませんでした。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏が楽しみになる絵本。

    親である大人の私が読みましたが。
    小学生の頃,夏休みに行った海のことを思い出しました!
    海に顔をつけて見た小さな魚の群れ,あの感動は今でも走馬灯のように思い出されるんです。
    子供の頃の夏の思い出ってすごいですね!
    村上康成さんの「海の青」がとっても綺麗でイラストをみてわくわくする絵本でした!
    海ならではの生き物,我が子にも触れさせてあげたいです。
    夏休みが楽しみになる絵本ですね。

    掲載日:2016/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • タコのおまじない

    海にもぐりたくて、戸惑っている少年に話しかけたタコ。
    青い貝殻のお陰(?)で、少年は海のなかを楽しむことができました。
    海の描き方が不思議なイリュージョンのような世界でした。
    タコのお茶目さも楽しいと思いました。
    でも青いやどかりは、活躍しませんでしたね。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎日とても暑くなってきて、いよいよ夏本番!ですね。
    この絵本では、主人公の少年が真っ黒に日焼けしていましたね。
    そして、海の生き物がたくさん登場します。
    知らない名前も多くて、水族館みたいでした。
    タコの存在が、素敵だったと思います。

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏が待ち遠しいね

    白い雲、青い海、こんがり日焼けした男の子。どのページもワクワクするような夏の風景が広がっています。
    青い貝殻をお守りにして、海の中へ飛び込む男の子。一緒になって海の世界に入っているような気分にさせてくれます。それにしても海の世界は壮大で美しいです。
    読めば海に行きたくなること必至。「夏が待ち遠しいね」と子どもたちと言いあいました。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとり立ちの冒険へ

    村上康成ワールドですね。

    初めての海、タコに導かれて、青い貝がらを手に、一人立ちの冒険に出掛けます。
    ページをめくると、海面から水面下の世界へゆざないます。
    まるで、子どもの勇気、体験の深さを反映するかのようです。

    うちの子は女の子ですが、こんな冒険をして成長してほしいなと、教育観もお手本にしたいなと感じました。

    文章は短く簡単で、幼児向けかなと思いがちですが、
    短い文章の中に人生を読み解くこともでき、絵を眺めるだけでも
    考えさせられることがたくさんありました。
    子どもを持つ親御さんにもお勧めの絵本です。

    掲載日:2012/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日焼けした男の子がタコに案内されて海の中へ・・・

    貝を耳にあてること、子供のときにみんなやりますよね。男の子がやっているのを見て息子も来年は海へ行ったらやらせたいです。何が聞こえるかな?とワクワクします。

    シュノーケルで見る海の中は色々な魚、ヒトデ、イソギンチャク、ウニ・・・ワクワクドキドキします。

    沢山の魚の名前もでてくるので勉強になります。

    タコが最後にいたずらをするところも、ほのぼのしていて私は好きです。子供と笑えるとおもいます。

    掲載日:2012/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとした海の中の体験

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。どこからか聞こえてくる海への誘いに乗せて、海の中にもぐって海の中の探検。本当に海にもぐっているかのような雰囲気になるので、とても不思議。こんなことってありえないけれど、息子もなんだか楽しそうでした。海の中にずっとすもぐりできると、こんな感じなのでしょうか。浦島たろうの気分?ちょっと不思議な体験ができる絵本ですよ。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  •  この本を読んでみて、「海に行きたくなった〜。」と一言。ただ、その一言でしたが、瞳がキラキラして、空の青さが反射した海を、思い出す事ができました。長崎のキレイな海水浴場で泳いだ、ハコメガネで見た大切な思い出も振り返る事が出来た様子でした。
     海と空の青さ!やっぱり夏!ぜひ、お勧めしたい。と思います。

    掲載日:2011/08/06

    参考になりました
    感謝
    0

32件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット