もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おひるのアヒル」 みんなの声

おひるのアヒル 作:中川 ひろたか
絵:村上 康成
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1999年09月
ISBN:9784569682020
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,122
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ダジャレシリーズ

    このシリーズ、何冊か読んでいますが、どれも面白いです。
    わりと小さな子でもわかるような、簡単で身近なダジャレがいいですよね。
    「かいじゅうの たいじゅう」なんて、姉妹で笑っていました。
    絵にもインパクトがあるので、よりわかりやすいのでしょう。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今頃かな

    ちょうど最近言葉遊びに興味を持っていたのでこの絵本読んでよかったです。「おひる」と「あひる」で
    一字だけ違っているのを、どこが違っているか発見するのがとっても面白いみたいです。この絵本以外でも
    自分で考えたりしているので、読んでよかったな〜って思いました。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄ちゃん、大うけ

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    かいけつゾロリのおやじギャグやだじゃれが好きな兄ちゃん。

    何も言わずに借りてきて、そっと置いていたら。

    本を開いて、大ウケしていました。

    お気に入りだったのは

    「ダチョウ アチョウ!」です。

    私が読んだときにも、そうじゃないよ〜「アチョウ!」だよと
    ダメだしするほど。

    いいですね〜、こういう言葉遊び。

    しばらく「ダチョウ アチョウ!」は残りそうです。

    他にもシリーズ本があるみたいなので、
    そちらも挑戦してみたいと思います♪

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい

    子供が言葉を覚えると言葉遊びが楽しくなってきますよね☆
    いろいろな言葉の組合わせや似ている言葉を一緒になって考えてみたりしながら楽しく読めました。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい言葉遊びの絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「わははは!ことばあそびブック 」シリーズの一冊。
    これは駄洒落を集めたもの。
    中川 ひろたかさんと言えば「だじゃれ」シリーズが有名ですが、それより低年齢層向きの駄洒落が満載です。

    絵が村上 康成さんと言うのが良いです。
    このとぼけた感じが、駄洒落にピッタリとマッチしています。
    一番気にいったのは、「ダチョウ アチョウ!」
    一発芸的なのりで、結構笑えると思います。

    これなら楽しく言葉遊びも喜んでやるはず。
    シリーズの他の作品も読んでみたくなりました。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • おきゅうってなぁに?

    こんにちワニがおもしろかったので読んでみました。
    こんにちワニが前の言葉の終わりと後ろの言葉のはじめが
    重なってぴったり合わさっていたのに対し
    おひるのアヒルは『の』や『を』を使って似た言葉を繋げているので
    少しインパクト半減だったかな?!
    『やきゅうにおきゅう』で「おきゅうってなぁに?」って聞かれて
    説明するのが面倒でした。
    『やかんからみかん』は笑えましたけど^^
    むにゅーって音が出そう!!

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 村上さん

    村上康成さんの作品だったのでこの絵本を選びました。読んでいてとても楽しい気分になれる絵本でした。言葉の持つ響きの魅力を感じました。語調が似ている言葉を上手に組み合わせることによって楽しい場面を表現しているのはさすがだなと思いました。特にダチョウが登場する場面が気に入りました。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一文字違いで

    一文字違いの、言葉遊びの本です。
    似た音でも違う物になってしまう、言葉の面白さや響きを楽しむだけでなく、ちょっと駄洒落がきいた感じになっていて、面白いです!

    掲載日:2009/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一文字ちがいの世界

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子4歳

    「こんにちワニ」がおもしろかったので、こちらも借りて
    読んでみました。
    一文字違いの世界が楽しめます。

    一番好きなのは「ダチョウ アチョウ!」
    絵がまたおもしろいんです。
    やかんからみかん、だいくにマイクなど
    くすくす笑いながら、楽しく読めます。

    ただ、4歳には「おきゅう」や「おしゃく」の意味を
    教えないと全部は理解できないかな。
    そういう意味ではもう少し大きい子のほうが、頭の回路にも
    直結して楽しめるかもしれません。
    ただ、絵がわかりやすいのでこれでも十分なのかも?

    なんかよくわかんないけど、おもしろいっていうのも
    ちいさい読み手にとっては絵本の魅力かもしれませんよね。

    掲載日:2008/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれのリズムがウケる

    簡単で味のある挿絵と、ぽつりと言い放たれたダジャレの連発。
    子供だけでなく大人もニヤニヤと次々ページをめくるわけですが、言葉のリズムが面白いのか、一ページ読むたびに子供がケラケラ笑ってみていました。
    中川ひろたかさんが色々だじゃれ絵本を作っていらっしゃるのは有名ですが、この絵本を2歳前の子供に「まだそんなにダジャレの面白さはわからないのでは・・・」と思いながらも読んだ時、予想外にかなりウケた、というので非常に驚かされた絵本です。

    掲載日:2008/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット