十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

あっぱれ!てるてる王子」 みんなの声

あっぱれ!てるてる王子 作・絵:コマヤスカン
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784061323971
評価スコア 4.74
評価ランキング 858
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • てるてるぼうず界のきまり

    そうだったのか〜!!てるてるぼうず界には、「てるてるぼうずが100個あったら、絶対に晴れにしないといけない」というきまりがあるんですね〜。

    そんなこんなで、リゾートをキャンセルしてまでも、台風を追い払わなくてはいけなくなった てるてる王子。台風殿下との攻防が、壮大で楽しいお話です。なかなか見れない、空の上の攻防。娘は、台風を表す文字の雲にも興味津々でした。

    ただ・・・。
    次のイベント、てるてるぼうずを100個作るハメになりませんように・・・と、密かに願う母です。

    掲載日:2012/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • お空の上では

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    てるてるぼうずが100こあったら,明日の天気はぜったい晴れにしなければいけない.その決まりを守るために,てるてる王子軍団が台風殿下相手に奮闘する姿が見ごたえあって楽しめました.息子はみんな変わった帽子をかぶっているのが面白かったようです.台風殿下の頭の上の蚊取り線香みたいなやつを見たときは,「これ,おばあちゃんちにあったやつだー」とはしゃいでいました.
    私たちがてるてる坊主を作ったとき,空の上ではこんなことが繰り広げられているのかなと思うと楽しいですね.今度どうしても晴れてほしいときには,がんばっててるてるぼうずを100個作ってみようかな.

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい楽しい!!

    6歳長女に借りました。何だかふざけてる感じだな(ごめんなさい)と思いながらも、借りたのですが、これが面白かった!!親子で大笑いでした。

    天気を変えるために、こういうことが空で行われてるなんて。そして、てるてるぼうずの数によって晴天が決まるなんて。とっても面白いです。4歳次女は絵を見るだけですごく笑っていました。おすすめですよー。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空の上で大活躍

    てるてる王子、なんともユニークなキャラクターです。
    顔はほっかむりをしているようなてるてる坊主そのもの、体にはパンツ一丁と長靴、王子と呼ぶには風変わりすぎるいでたち。
    えーっ、これで王子!?と疑ってしまいましたが、実は大切なお役目があったんですね。
    下界にてるてる坊主が100個あったら、絶対に晴れにしないといけないのがきまりなんて。
    お互いの家来の者達も巻き込んで、次第に迫りくる台風殿下との攻防が始まります。
    戦いの結末は、読んでみてのお楽しみ。

    梅雨で台風もたくさんやってくるこの時期、家で読むにはぴったりの絵本ではないでしょうか。
    台風のあとに空がスカッと晴れたら、「ああ、てるてる王子が活躍してくれたのかもしれないね」って親子で話もはずみそうです。
    空の上での話ですが、てるてる王子の乗る船や台風殿下の台風など意外とメカらしき乗り物もたくさん出てくるので、乗り物好きの男の子にもオススメできるかも?

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • てるてる王子にお願い

    園外療育で、日光川プールに行く日にてるてる王子にお願いしなくっちゃあと思いました。とにかく100個のてるてる坊主を頑張ってみんなで作ろうと思いました。てるてる王子が重い腰を上げて闘ってくれるから期待しようと思いました。園外療育の前には、先生にこの絵本を読んでもらえるように先ずはお願いしようと思いました。なんか出来ないことも可能に思えてくる希望の絵本でした。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ページをめくる楽しみ!

    はじめのページは、海に面したおだやかな街の高台。
    「明日、お天気にならないかなぁ」と願う、素朴な姉弟。

    この純朴な出だしに騙されました。

    次のページをめくったとたん…(笑)。
    まさか、こんなにも自由で楽しい幻想世界が新たに開かれるとは…。
    いやはや。あっぱれ!としかいいようがありません。

    掲載日:2012/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変わった世界観

    なんかシュールな感じの絵も好きでしたし、てるてるぼうずのなんかやる気のない感じもなかなかない感じでよかったです。子供も空の上ではこんな世界が繰り広げているんだ〜って感じで目をキラキラさせて見ていたのがかわいかったです。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議がいっぱいの絵本

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子5歳

    てるてる坊主って、自分だけじゃなく、町中の人が100個作れば、空のてるてる王子が重い腰をあげて、
    願いを聞き入れてくれるんですね。そのちょっと大人感覚のてるてる王子がおもしろいです。

    王子は、見た目も決してかわいいとはお世辞にもいえず、赤い体に白い布をかぶり(ここだけてるてる風)、
    青いパンツに青い長靴、かなり怪しい恰好です。なんでこんな恰好?!子分達のすいか柄の帽子もなんで?!

    対する、台風殿下は、頭は蚊取り線香、子分達は赤いターバン&おそろいの腰巻でちょっとインド風(に見え
    るのは私だけかしら?)なんで?!

    遠足が晴れてほしいと願う子ども達の家も、とても不思議な造りで、最初のページでは、展望台かと思って
    いました。

    とにかく、なんで〜?!と思わずツッコミたくなるところ満載で、でも大迫力の絵とストーリーに、ツッコミを忘れるくらい、惹きこまれてしまいます。

    シリーズとしてぜひ読んでみたいです。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • てるてる坊主も大変です!

    4歳4ヶ月の息子に読んでやりました。てるてる坊主をつるして、台風が接近しているのに晴れを望まれるとどうなるか?というのをコミカルに描かれている絵本です。こんな風にてるてる坊主のパワーがあるのか?と想像ではあるものの、なかなかおもしろいと思いました。マンガみたいなイラストで、わかりやすくてるてる坊主王子が台風をやっつける様子を細かく描いてくれているので、息子でも十分理解したらしく、面白がっていました。まあ、てるてる坊主の苦労を知る?というのもおもしろいかな?と思えますよ。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新人賞

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    講談社の絵本新人賞と書いてあったので借りて読んでみました。
    何となく新人作家さんなのかな?と思えてしまう話でした。
    てるてる坊主が100個で晴れにしないといけない決まりが
    唐突にくっつけた感がしてなりません。

    絵もあまり好みではありません。
    登場する子どもが関西弁ていうのもあまり気が進みません。
    ですが!
    てるてる王子とたいふうでんかの
    迫力ある大合戦がみものです。
    大空を舞台に入道雲と台風が力のかぎり戦う場面は
    子ども達も固唾をのんで見入っていました。
    でもたいふうでんかがあっさり負けちゃいます。

    掲載日:2011/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ / ほげちゃん / くらげのりょかん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット