十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ドレミ わたしの バイオリン」 みんなの声

ドレミ わたしの バイオリン 作:スージー・モーゲンスタン
絵: マリー・ドゥ・サール
訳:高田万由子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784062830157
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,729
みんなの声 総数 8
「ドレミ わたしの バイオリン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分がやりたいと思っても

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    親子のお話会で「いずれ子供に習い事を考えているママは・・?」という質問に、何人かのママが手をあげました
    まだまだ先のこと、自分でやりたいものをと思っていても、実際に始めてみると予想もしない状況にぶつかることも・・・
    かつて息子も金管楽器の演奏に修練してるさなかに事故で前歯を折ってしまい、演奏ができなくなりました
    かなりの挫折もあり、まだまだ途上ではありますが、かつて習っていたピアノに少しずつ移行しています
    子供を支える意味でぜひ大人がこの絵本を読んで欲しいですね

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • なげだしたくなっても

     バイオリンのすばらしい音にあこがれて、バイオリンをはじめた女の子。でも、簡単には、いい音がでません、、、。

     楽器やスポーツなど、はじめたはいいけれど、とちゅうであきらめることが多いですね。女の子が、バイオリンをなげだしたくなる気持ちよくわかります。
     女の子がまたバイオリンをはじめた場面に、しみじみします。
     上手になったバイオリンの音色が聞こえてきそう。
     
     子どもはもちろん、おとなが読んでもはげまされる絵本でした。あたたかいタッチの絵がよかったです。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 習い事をしているお子さんに

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「習い事」って、この絵本の主人公のように、自分が“やりたい”と思ってやるものだし、
    自分でやりたいと思ったからこそスランプや大きな壁が来ても、前に進んでいきたいと、思うんじゃないでしょうか?

    この絵本からは「バイオリンが好き」「バイオリンがやりたい」って、気持ちがよく伝わってきました。
    この絵本はドレミの音階で物語が進んでいきます。
    「ド」から始まり、「ファ」でスランプに入り、落ち込んだりくじけそうになったりしながら、「ソ」で立ち直り、高い方の「ド」で、夢に向かって頑張りましょう。と終わりますが、その流れがとっても自然で描き方に無理がなく、読みやすかったです。
    この絵本は高田万由子さんが翻訳されています。

    マリー・ドゥ・サールの絵も、あちこちに音や音楽に関わるものが描かれていて、「ここにもある〜」と見つけるのが楽しかったです。

    この絵本は夢を持って「習い事」をしている子どもたちに特にお薦めしたいです。
    ちなみに、うちの下の子は好きでピアノを始めましたが、練習をさぼるのは好きで、大舞台は得意ではありません。ただ、自分の好きな時に好きなように弾くのが楽しいようです。
    特に「上手くなりたい」とか、「コンクールで勝ちたい」とかいう願望は全くありませんが、好きなら続けてほしいなぁと思っていますが…。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音楽の楽しみ

    娘は音楽教室に通っています。この先、ピアノかバイオリンを習って
    くれたら楽しいだろうなあと思っています(今はまだ基礎なので)。
    なにかを一生懸命練習して上達していく喜び、美しい音を奏でることが
    できる喜び、みんなに聴いてもらう喜び、そういったものを感じてほし
    いなあと思って。
    この絵本はまさにそれを表現した絵本♪
    高田さんは旦那さんである葉加瀬さんのバイオリンの音色なども
    感じながら訳されたのかなあ。わくわくしただろうなあ。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 習い事で壁にぶつかった時にお薦め

     習い事をしているお子さんが、壁にぶつかった時に薦めてあげてはいかがでしょうか。
     お話は、バイオリンのお稽古をしたいと自分で決めて始めた女の子が主人公ですが、内容を読むうちにすべての事にいえるお話だと思いました。
     楽器ばかりではなく、サッカーも野球もお習字も英会話も空手を習っている子にも伝わるお話だと思います。
     
     練習を休んだら、すぐに下手になっちゃう。
     だから、毎日、練習、練習。
     どんなに練習してもうまく弾けなくて・・・・・・。  
     つぎに弾くときには、曲を全部お覚えちゃってるの。
     すごいでしょ。
     なんだか、魔法みたい。

     このページになるほどな〜、確かにそうだわ、と思いました。
     レッスンのレベルが上がってきて、行き詰った主人公を救ってくれたのは、ほかでもないバイオリンでした。
     ここからのお話は、私自身の経験を思い出しグッときました。
     ひとつのことをやり遂げることは難しいけれども、実りの多いこともこの絵本から伝わってきます。

    掲載日:2010/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共感

    頑張りつづけることは難しくて
    でもある日ふと昨日出来なかったことができたりするとやめられない。
    何かを続けたことのある人ならジャンルを問わずに共感出来ると思います。
    息子にも何かひとつ続けていけることを見つけてほしいなと思いながら読みました。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • バイオリン

    楽譜を意識したタイトルの描き方もかっこ良かったし、主人公が心からバイオリンを愛していて大好きな事が伝わってくる描き方が素敵だと思いました。ドレミの音に合わせてストーリーが展開していくのにうっとりしました。最後まで努力すればきっとやり遂げる事が出来る事を主人公に教えてもらった気がします。バイオリンの素敵な音色が聞こえてきそうな美しい絵本でした。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友だち

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    おばあちゃんに連れられて行ったコンサートで、バイオリンの音色に感動した少女。
    その後バイオリンを買ってもらい、レッスンに励みます。
    挫折を経験しながらも前向きに努力し、大きな喜びを得る姿に、励まされる人は少なくないでしょう。

    バイオリンを手にしているときの少女の幸せそうな表情がとても印象的です。
    毎日レッスンを共にし、辛いことも一緒に乗り切ってきたそのバイオリンは、もうただの楽器ではなくなっていたのですね。
    優しくその友だちに話しかける少女に、ほんわかとした温かい気持ちに。

    努力して得るものの大きさを改めて感じることができました。

    掲載日:2009/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット