ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
全ページ立ち読みスタート! ばけくらべ対決はどうなるかな〜?

ぐやんよやん」 みんなの声

ぐやんよやん 文:長谷川 摂子
絵:ながさわまさこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2016年08月25日
ISBN:9784834082746
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,898
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 波打っている、なにかが動いている。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    長谷川摂子さんの音と色や形を楽しむ絵本です。
    全体緑色が多く目に優しい感じがしました。
    言葉は波打っているようなものから、なにかが動き出していくようなもの、それも、画面に描かれているものの形によって音は全く違います。

    いく人かの絵本作家さんが「音」をテーマにした作品を作っていらっしゃいますが、この作品は長谷川さんらしいふわっと温かいイメージがありました。
    2,3歳くらいのお子さんから、年齢を問わず楽しめる作品ではないかと思います。

    掲載日:2017/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 芸術鑑賞

    「もこもこ」や「がちゃがちゃどんどん」的な
    音と抽象画のコラボのように感じます

    文が長谷川摂子さんとのことで
    気になって、図書館にリクエストして
    届きました!

    何度もページをめくり・・・
    いいにくい・・・(笑

    音を作る?
    言葉をただ並べるだけじゃなくって
    聴こえてくるのかしら?

    不思議な感性の世界を感じます

    この色が素敵だなぁ〜
    とか
    観てるだけでも
    芸術鑑賞気分です

    こどもたちって、どう感じるのかな?

    掲載日:2017/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宇宙を感じさせる ながさわ まさこさんの絵(絵が大胆で抽象的ですが 不思議なんです・・・・)

    長谷川 摂子さんの文は 歌のようで 絵がなくて音だけ聞いたら
    おもしろい 歌です  意味は分かりませんが 感性が感じられてとてもおもしろい言葉です

    時には 赤ちゃんの声だったり 風船のようだったり  森の中の声だったり 乗り物の音のようでのあり
    海の中の 声だったり
     
    不思議ですが  何かしら 宇宙を感じさせる音と 絵です
    見る人の感性だったり 子供たちは この音をどう 感じるのでしょう
    絵をどう感じるのでしょう?
     
    もこ もこ もこのような絵本を思い出しました

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しいです

    音だけの絵本はいろいろあるのですが、
    この絵本の音はかなり個性的です。
    「どんで がんで ぽっく ぽく」とか
    「だんべ だんべ ほう ほう」とか、
    正直絵と音がマッチしているかというと
    わからなくもないけど、かといって読み手にすーっと入ってくることもなく…。
    はじまりから終わりまでの流れもありますが、
    おもしろさを理解するのが難しい絵本でした。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトル

    タイトルが心に響いたのでこの絵本を選びました。全て音だけで構成されているのが良かったです。娘は音の響きがとても楽しかったらしく喜んで聞いてくれました。普段では使わないような音でも発音する事でその言葉の持つ音の魅力を感じる事が出来る所が良いと思いました。ダイナミックでありながら繊細さを兼ね備えている絵も文章とマッチしていて素敵でした。

    掲載日:2009/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な絵本

    この絵本は、以前こどものとも年少版で発売されたものです。
    ストーリーはなく、
    「ぐやんよやん、ぐやんよやん・・・」
    から始まり、
    「ほんやー ぞぞぞ びーん」
    など、不思議な感じの絵本です。
    大人からすると、なんだコレ?という感じ。
    でも、子供には大うけ。月刊誌なのでビリビリ・・・。
    テープではり直し、今でも、活躍してくれる、この絵本。
    早くハードカバーが発売されるといいなぁと、思ってます。

    掲載日:2003/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 2
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3

全ページためしよみ
年齢別絵本セット