十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

紙芝居 ブレーメンのおんがくたい」 みんなの声

紙芝居 ブレーメンのおんがくたい 原作:グリム
脚本:川崎 大治
絵:宮本 忠夫
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1992年05月
ISBN:9784494077892
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,449
みんなの声 総数 3
「紙芝居 ブレーメンのおんがくたい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 23歳児向けに

    グリムのおはなしの紙芝居
    1992年の作品です

    ちょっとねこのイメージが違うかな

    どろぼうが戻ってきた時の
    様子も違うなぁ・・・
    どろぼうの親分に報告する場面が
    おもしろい と思っているものですから

    グリムの話は、結構残酷なイメージがあり
    それを“いい”おはなしに替えちゃうことが
    あるようですが

    この作品は、23歳児位が対象だから
    なのかなーとも思いながら

    私、子ども心に
    結局、ブレーメンには行かないの?
    って、ひとりつっこみしてました
    こんなこと言ったらいけないーって思いながら(笑

    掲載日:2016/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2歳11か月の息子に図書館で借りました。
    最近、息子が紙芝居が好きになってきて、絵本より読みやすいようです。
    そろそろ昔話や童話を少しずつ読めるようになってきたので、
    まずは紙芝居で読んでみました。

    少し長い16枚バージョン。
    半分だけ紙芝居を抜く部分があったり、構成はよく考えられています。
    息子はとても楽しかったようです。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 疑問が少し残るようです。

    有名なお話で今までも読んだことがありますが、

    音楽会はどうなった?ブレーメンは?

    確かにそうですよね、最後はなんだかハッピーに

    まとまっていますが、本来の目的とはかけ離れている・・・。

    そこに気づいたようです。

    でもやっぱりみんなが重なって鳴き続けるシーンは

    楽しかったようです。

    本当の本来のこのお話の結末はどうなんでしょうか?

    気になってしまいました。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット