くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ちびくまくん学校へいく」 みんなの声

ちびくまくん学校へいく 作:イングリット・ユーべ
絵:ヘルガ・シュピース
訳:佐々木 田鶴子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1992年06月
ISBN:9784035212102
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,011
みんなの声 総数 2
「ちびくまくん学校へいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • びっくりしました

    スージーだけでなく、おばあさんも、ねぼうしているから、わらっちゃいました。

    スージーが、がっこういかないっていうから、びっくりしました。

    ちびくまくんもさぼっちゃうから、もっとびっくりしました。

    いいのかなあっておもいました。ドキドキしました。

    スージーが、8ひく6をちびくまくんにおしえるのに、きいちごを、6こたべちゃって、ちびくまくんに2こしか、あげないので、スージーはたべすぎっておもいました。

    おしえるっていいながら、たべてるじゃんって、おもいました。

    えーっておもったけど、おもしろかったです。

    せんせいが、やさしいし、こんなたのしそうながっこうなら、いってみてもいいかもっておもいました。

    掲載日:2009/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学校生活がいきいきと描かれている

    赤木さんの「かんこのミニミニ子どもの本案内」で紹介されていたので、読んでみました。

    一年生のちびくまくんの学校生活がいきいきと描かれていると思いました。

    登場人物も個性的です。

    とらの女の子スージーが、学校をさぼってしまえというところは、親としては「おいおい」という感じですが、息子は笑っていました。

    学校をさぼって、学校ごっこをしているところなどは、笑ってしまいます。

    学校をさぼっても、注意だけできつく咎めない先生の姿も、好感が持てます。

    こんな学校なら、行ってみたくなるかも。

    シリーズ物らしいので、読んでみたいです。

    絵はとてもかわいらしく、幼年童話としても、新学期で緊張している新一年生さんたちに、読んであげてほしいです。

    掲載日:2009/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット