しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ルルとララのおかしやさん(3) ルルとララのきらきらゼリー」 みんなの声

ルルとララのおかしやさん(3) ルルとララのきらきらゼリー 作・絵:あんびる やすこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2006年04月28日
ISBN:9784265062638
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 宝石みたいなゼリー♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    そうそう、子どもの頃、ゼリーは
    宝石に見えました(^^ゞ

    それを妖精やらお星様やらを絡めて・・・
    素敵ですねぇ〜
    センスなのかな

    お菓子も絵もセンスですよね

    それにプラスして今回は
    「自分達が今、出来ることで」
    ということで、精一杯がんばるところが
    素敵です

    無理はいけません
    でも、努力は必要・・・
    と、年を重ねて気付いているおばさんであります(^^ゞ
    ルルとララに教えてもらえる絵本であります

    サイダーゼリー作ってみたいなぁ〜

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • たべられる宝石。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    気に入った読み物を、何度も何度も読んだ経験ないですか?
    赤ちゃんが何度も絵本をせがむように・・・

    娘にとって、まさにこのルルとララシリーズがそうでした。
    今までにないことです。
    読書はあまり好きでなかった娘が、
    このシリーズだと、何度もひっぱりだしては読んでいます(^0^)
    特に、この『きらきらゼリー』はシリーズの中で、一番のお気に入りらしい。

    ルルとララという小さな女の子が、ちいさなお店で自分達の作ったお菓子を売っています。
    お客さんは、大抵森の動物達ですけど。。。
    今回は、妖精が出てきます。その妖精の注文とは・・・?

    イラストなんだけど、色とりどりのゼリーがとっても綺麗で美味しく見えるんです。
    食べられる宝石っていわれるように、ほんとうに宝石のようです。
    「12ヶ月のたんじょうせきゼリー」のページでは、ずっと眺めていたいほど。
    バースデーケーキならぬバースデーゼリーも美味しそう!
    ゼリーの作り方も、はじめての人からちょっとむずかしいものに挑戦する人にも、
    丁寧に教えてくれています。

    おはなしも、あっというアイデアから思いがけない出来事まで、
    とても楽しめます。
    ルルとララが、お客さんのためにいつも一生懸命に頑張る姿がいいですね。

    掲載日:2009/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット