ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?

ライオンのよいいちにち」 みんなの声

ライオンのよいいちにち 作・絵:あべ 弘士
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年1月
ISBN:9784333019168
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,611
みんなの声 総数 25
「ライオンのよいいちにち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ほんわかリアルなサバンナの姿

    • ナカジンさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    近くで行われたあべ弘士さんの講演会で
    アフリカに行ってサバンナの動物達に出会い
    できた絵本だと紹介していました。
    実際に行った場所や動物達の姿を描かれたそうです。

    その後あべさんの読み聞かせを聞いて
    学校の読み聞かせで読みたいと思いました。

    ライオンのお父さんは子供を連れて今日もお散歩。
    必死で狩りをするお母さんライオンを眺めながら
    のんびり昼寝したり、俳句を詠んだり・・・・

    実際オスライオンはほとんど狩りをせず
    群れのメスライオンが狩りをするそうです

    もしライオンの言葉がわかるなら
    本当にあんな俳句詠んでるかもって思いました

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • 好きなことがすごいこと

    • ひとときさん
    • 30代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 女の子10歳、女の子3歳

    この絵本の内容は「日本のお父さん」のようです。
    子どもを連れて散歩に出かければ出会う動物達に
    「うらやましいわ」「子守かい」「感心ね」と繰り替えされる。
    ただただ好きなことをしているだけなのに。

    でも、現実にお父さんがお散歩していると、やっぱり公園とかで言われますよねぇ。

    後半は、サルの演奏を聞きながら周りを眺めて一句。
    この句がなかなかイケています。
    ついでに読んでる私も一句(笑)

    広いところでのんびりと、とても気持ちがよさそうです。

    句のわかる長女は、ちょこっと適当に一句作ったり、
    次女はライオンの子ども達を追いかけていました。

    そして途中気になるページが。
    なぜか一匹子どもが多いところがあるんですねぇ。

    掲載日:2006/03/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 百獣の王の姿

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子15歳

    子連れの散歩であっても、子守りであっても、ライオンの堂々とした態度は、やはり百獣の王の姿です。
    そして、大自然の中で子どもたちを従えておくことは、危険から守り、子孫を残すという、重要な役割だと感じました。
    子育て中のお父さんにお薦めの絵本だと思いました。

    掲載日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライオン父さんは子どもを散歩に連れて行きます
    いろんな動物たちは うらやましがっています  お父さんの子育てに
    アフリカのサバンナの様子の中 ライオン父さんと子ども達は 
    大きないわ山の上がお気に入りの場所 日陰があり 風とおしよく みはらしがいい!  ひるねにゃ 最高だ!

    ライオン父さんはのんびりお昼寝   モンキーの石だいこの音で目が覚めました
    月が昇り 夜に   ここで 父さんライオンは俳句を一句 
    父さんはなかなか 風流ですね
    自己満足してる〜
    そんな時 母さんライオンは シマウマを追いかけて 狩りの最中
    夜行性のライオンは 夜に狩りをするのですが メスライオンの仕事なんですね
    だから この父さんライオンはのんびりと 子ども達と散歩して 俳句を詠む豊かな時間を過ごせるのですね・・・・・
    「いつもいつも ごくろうさんです」 ライオン父さんも母さんに感謝しているんですね
    良い一日を過ごせて満足のライオン   母さんのおかげですね!

    作者のあべ弘士さんの動物に対する 愛情がこの絵本で伝わります

    「よいいちにちをありがとう」

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライオンは夜行性!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    ライオンはメスが狩りをするってことが、この絵本でなんか実感しました。
    おかしな話ですよね。オスのライオンが子どもたちを連れて散歩しているお話なのに。
    メス(かあちゃん)が狩りをしているのを子どもたちと見ているオス(とうちゃん)ライオン。
    その距離感みたいのが妙にほのぼのしていて、
    出汁がきいている味噌汁みたいに、
    じわじわ〜っと、この日がライオンにとって「よい一日」なのが伝わってきました。
    俳句好きのライオンの句も見逃せません。味わいのある面白い句です。そしてこのライオンは“月”が好きなようです。
    気になって調べてみましたが、ライオンは夜行性だったんですね。
    だから月明かりの中、メス(かあちゃん)が狩りをしてたんだんだ〜。「へぇ〜」です。

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なパパライオン

    7歳6歳の娘たちに読みました。

    ライオンのお父さんが子供たちを連れて散歩に出かけるときに、いろんな動物たちに出会うのですが、「子守りかい?」「感心ね」なんて言われるんですが、お父さんは心の中で「ただ好きなだけ」なんて言うんです。それがカッコいい!こんなお父さんカッコいいなーとほれぼれしてしまいました。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライオンの一日!!

    ライオンのおとうさんが、子ライオンを連れて、散歩を
    している様子を描いている絵本です。
    まわりの動物たちが感心しても、あたりまえのことをしている
    と心の中で思っているライオンのおとうさんが、とてもかっこよく
    思えました。
    おかあさんライオンが狩りをしているところなどは、実際の
    様子をきちんと描いているので、なかなか読みごたえのある
    絵本だと思いました。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ライオンの1日がわかる

    あべさんの絵本はどれも素敵です。
    実際に見たことを絵本にされてると
    どこかで読んだことがあり
    それ以来、へぇ〜そうなんだ!!!
    と思う事が多くなりとても勉強になります。

    メスライオンが狩をするんです。
    息子はしまうまが食べられてしまう様子に
    ちょっと衝撃を受けてしまったようで
    ライオン怖いの!
    と言っていますがこれが現実ですからね。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんが、子どもたちと散歩をしたり、昼寝をしたり、子守りをしています。
    他の動物にほめられても「こうしたいからしているだけだ」と思うライオンのお父さんは、子どもが大好きなんだなと思いました。
    お父さんと子どもが昼寝をしている間に、お母さんはシマウマを追いかけて、しとめます。
    夜もふけた頃、お父さんと子どもたちはお母さんのところへいき、きっとみんなでシマウマの晩御飯でしょうね。
    新しい家族の形だと思いました。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野生のノンビリ

    のんびり・ほのぼのな自然の一日です。
    野生の厳しさなどとは無縁の雰囲気で、ちょっと驚きました。
    絵から見られる空の青さや広さは、サバンナならではだと思いました。
    お父さんライオンの俳句も、なかなか良いですよ。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット