ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ちいさなおひめさま」 みんなの声

ちいさなおひめさま 作:かどの えいこ
絵:西巻 茅子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年11月5日
ISBN:9784591070192
評価スコア 4.06
評価ランキング 18,348
みんなの声 総数 17
「ちいさなおひめさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かくれんぼ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    なにをするにも13人のお手伝いさんがついてくるなんて、便利なような息が詰まるような…。
    おひめさまはひとりになるためにかくれんぼをすることを提案します。
    絵がかわいらしかったです。
    かくれんぼばあさんっていったい何者だったのでしょう?今後もこっそりいっしょに遊んでいるといいな。
    ラストでおひめさまがしっかりと自分の意見を出して決定するのが良かったです。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自立するおひめさま

    小学生になる娘に読みました。
    お手伝いさんが13人もいるなんて。おひめさまは何でもやってもらって
    います。自分のことは自分でしなくちゃねと娘。
    かくれんぼをきっかけに、出会った、かくれんぼ上手ないぬ。
    わんちゃんがおひめさまの自立を手伝ってくれたのでしょう。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分なりの楽しみ

    お姫様もの、お姫様である立場から自由なことができずに、また過保護にされていることが多いという作品が多い気がします。

    この作品のお姫様も自分では何もすることがなく13人のお手伝いさんがついています。

    かくれんぼを思いついて、またおばあさんにあってからのお姫様の楽しそうなこと。

    あまり難しく考えて読まなかったのですが、子どもが自分なりの楽しみを見つけることってやっぱり楽しそうだと思いました。

    お姫様好き、かわいいもの好きなお子さんはこういうお話好きかもしれません。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「お世話する」大変さ&楽しさ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    かわいらしいお話かな?
    と、借りてきたのですが
    「自立」\(◎o◎)/!の
    おはなしなのかな?

    13人もお手伝いさんが
    お世話してくれるんですって

    なんでもしてもらえることより
    自分がお世話することの
    楽しさに気付く
    成長したお姫様ってことですか

    それにしても
    ひとりで住んでいるお姫様って・・・
    かくれんぼおばあさんには
    今回初めて会って
    あとは会えないの?

    とか・・・
    いろいろ不思議になることが
    いっぱいであります

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘に好評

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    お手伝いさんたちがすべて身の回りのことをやってしまうおひめさまのお話し。極端な気もしますが、おひめさま好きな娘には好評でした。

    おひめさまは何もかも満たされているのかと思いきや、自分ですることがないというのも不幸なものですね。犬が来てからのおひめさまの様子がほほえましいです。きっと、素直なまっすぐなおひめさまなのでしょうね。

    掲載日:2010/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘は気に入ったみたい

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    大きいお城に一人で住んでいる小さなおひめさま。
    13人のお手伝いさんがいて、なんでも「やりましょう やりましょう」とやってくれてしまうものだから、退屈でしかたありません。
    そこでかくれんぼをすることに。
    確かにナイスアイディア。かくれんぼだったらみんな一緒に隠れるわけにはいかないから、一人になれます。
    ところがおひめさまが鬼になってしまって、お手伝いさんを探すうちにおかしな部屋に入っていって・・・。
    ちょっと話がつかみどころのない感じで、私は退屈に感じてしまいましたが、娘は割と気に入ったようで、何度か読んでと持ってきました。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お姫様

    どんな環境で育とうと自分がやりたいことを強く願えば、変わるものだと思いました。13人のお手伝いさんになんでもお世話をしてもらうのは可愛そうだと思いました。ゆっくり、ゆっくりの孫にも同じことを案外やっているのでは?気をつけようと思いました。ストーリーも奥深く絵は、西巻茅子の優しい可愛い絵で満足です。女の子が大好きなお姫様だから、孫が喜ぶのは間違いないと思いました。孫の絵本棚に加えたい1冊です。

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘に好評

    私がにしまきかやこさんと角野栄子さんが好きだったので娘に読んだ絵本だったのですが思いのほか娘に好評でした。私は読みながらフーンというかんじだったのが娘には大笑いするところがあったり(13人の召使が並んで歩くところとか)と楽しそうな娘だったので続けてもう一回読んでと言われて読んでみました。そしたらまたまた大喜びです。絵もかわいらしくて子供の好きな遊びかくれんぼがのっていたり、娘はハートをつかまれたのかもしれませんね。

    掲載日:2008/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいですね

    13人ものおてつだいさんが行列のようについてきて
    おひめさまのやることなすことお手伝い・・・っていう場面で娘は大笑いしていました。
    でもそのあとはなんだか静かに聞いていたものの
    特に反応はなくて・・・^^;
    読んでいる私もちょっと間延びした感じがあってラストまできちゃったかな〜っていう印象があります。
    でもこんな小さくてかわいいお姫様って子供の共感を誘いますよね。女の子好きしそうなイラストですね。

    掲載日:2007/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • お手伝いさんは13人。

    女の人ばっかり出て来る絵本でした。
    まさに夢の国、こどもの空想の世界、といった感じのお話しです。
    女の子にお勧めします。
    何でもかんでも「お母さんやってー」という娘達ですが、このお話のお姫様は、13人のお手伝いさんに何でもかんでも手伝ってもらえるので何もする事がなくてつまらない。最後にやっと、自分でやりたい事が見つかって頑張れるようになります。娘達にも、自分でやる喜び、楽しみが分かってもらえたかな?

    掲載日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



幻の絵本「とのさまサンタ」の続編!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.06)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット