なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
やかましやさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

紙芝居 あかんぼばあさん」 みんなの声

紙芝居 あかんぼばあさん 絵:金沢佑光
脚本:川崎 大治
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1975年09月
ISBN:9784494075096
評価スコア 4
評価ランキング 21,248
みんなの声 総数 2
「紙芝居 あかんぼばあさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 途中で気づきました

    女性の方が老いを嫌がり、

    若さを求める力が強いんだと、

    改めて感じました。

    若返りの水、確かに飲みたいですね。

    でも急激に若くなってもな、、。

    見た目だけ若くなれるなら賛成です。

    貪欲すぎてもダメということが

    教訓なんでしょうか、気をつけましょう。

    掲載日:2014/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 若さへの欲

    「わかがえりの水」ですね

    ことばが繰り返しで
    「えっちら ほい どっこいしょ
    よっちら ほい どっこいしょ」とか
    とてもリズミカルで
    でも、日本語らしい響きで
    いいんですね
    絵も素敵です

    展開的にも
    おじいさんが若者になった姿は確かに
    自分で見れないので
    気付くのが遅いのです
    それも上手に描かれています

    それにしても
    どうして、おばあさんは
    「欲」が深かったんでしょうね
    お金とか宝物ではなく
    「若さ」だったからなんでしょうかね

    昔話で取り扱っている内容は
    現代にも通じているところが興味深いところです

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット