ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

へびのたまご?」 みんなの声

へびのたまご? 作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ
出版社:遊タイム出版
本体価格:\1,600+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784860102685
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,906
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うそつきは・・・

    このお話は子供が嘘について考えるいいきっかけの絵本になるとも思います。嘘をついて怖い目にあっている様子を聞いて、うちの子は「嘘をつくからだね!!」って言っていました。このお話を最後まで聞いて、うそをつかないようにするって言っていました。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふくだとしお+あきこ 夫婦の作品ですかね
    タイトルのへびのたまご? 何が始まるのかなと興味がありましたミーテということりは いたずらっこ
    もりのみんなを困らせています
    あるとき 卵の殻の中にはいって いたずら なきまねじょうずなミーテは いぬや ぶたをこまらせ ワニの王様に聞くのですが・・・おなかをすかせたワニの王様が 食べようとするので大あわて
    へびのたまご? 美味しくないね (本当においしくないのかな?

    ミーテはヘビの鳴きまねが分からず 「ヘビ ヘビ ヘビ」 ヘビが鳴いたのは聞いたことありませんが・・・・(どういう風に 泣くのか知りたくなりますね!)
    どんな風に泣くのでしょうね?
    ミーテは懲りずにいたずらしてますが ・・・
    つまずくこともありそうな・・・・そんな予感が・・・・

    掲載日:2011/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • へびのたまごかも?

    3歳9ヶ月の息子に読んでやりました。accototoさんの絵本ですが、結構ストーリーが凝っていて、おもしろかったですね。

    とりのミーテは驚かせることが大好き。そんなミーテは卵の殻にもぐって、にわとり、ブタ、いぬのたまごに化けてみんなをさらに驚かせます。じゃあ、わにさんに聞いてみようとわにさんにその不思議な卵を持っていくと、卵を生まないのに泣くはずは無い、大人の泣き声はおかしいとこの卵はへびの卵だといいはるところから風向きがおかしくなります。卵を食べてしまおうとわにに言われるのです。へびの卵なら美味しくないから助けるといわれますが、へびってどんなふうに鳴くのかわかりません。さあ、どうなることやら・・・。

    いたずらがすぎるとこうなるんだよーという教訓めいたものもあります。うそつきはいけないね、とそういう話もできます。でも、純粋に絵本として楽しむことも出来ますよ。ブタやいぬはたまごで赤ちゃんを孵すわけではないので、そこがおかしいねーと。それにしてもいろんな動物がでてくるので、動物が好きなお子さんは楽しめると思いますよ。

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懲りないのね

    いたずらもののことりミーテはいろんな動物のなきまねをしてみんなを困らせます。
    ある日、たまごの殻を見つけて、たまごの殻の中に隠れます。
    そしていろんな動物のなぎまねをするので、
    「あら?私がたまごをうんだかしら?」
    と次々にいろんな動物が首を傾げます。
    最後はわにの王様に食べられそうになったりして逃げ出します。
    もうなきまねはやめた!とミーテは最後に言います。
    でも あしたになったら また 
    だれかの なきまねを していますよ きっとね

    うん、子どもってそうだよね。いたずらして怒られて、もうしませんなんて言ったって、次の日にはけろっとして同じいたずらをするんだよね。
    そんないたずらもののミーテ、なんか憎めないです。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ものまね上手

    いたずら好きなミーテのお話です。

    色々な動物の泣きまねをして驚かせる工夫が面白いなぁと思いました。
    でも動物たちが卵を生まないという鋭い視線が良いと思いました。

    一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懲りないミーテ

    ふくだとしおさんの絵本だったので選びました。
    お話の主人公はミーテという小鳥。いたずら好きで森のみんなを困らせていました。そんなある日、ミーテはたまごの殻を見つけてその中に隠れ込むと、ブタや犬の鳴き声の真似をしてみんなを驚かせていました。そこへ王様がやってきて・・・。


    お話を読んでいるうちに、何かの昔話なのかな?と感じましたが、やっぱり古典落語の「物まね泥」というお話に基づいていたんですね。
    このお話もふくだとしおさんのカラフルではっきりした絵が可愛いです。
    お話もこぎみよく進み、いたずらばかりして懲りないミーテが面白くて楽しめました。
    でも、やっぱりいたずらばっかりしているのダメですよね〜
    みんなを困らせてばかりいると痛い目に遭うという教訓も含まれていて良かったと思います。

    掲載日:2010/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 困ったミーテ

    悪戯好きの困ったミーテですが、とても面白い絵本です。

    絵の色彩が綺麗で、張り絵のようです。

    悪戯に懲りて、もうしないかと思いますが、きっとしばらくしたらまた

    懲りずにやると思います。

    ぶたさんのたんこぶがとても可笑しくて爆笑しました。

    「わたしが卵を産んだかしら?」

    なんとも可笑しくて笑える絵本です。

    その繰り返しがとても愉快で面白いです。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • なきまね

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    話を最後まで読んで古典落語だと気づき
    話の面白さに納得しました。

    泣きまねの得意なミーテという鳥が
    いろんな動物にいたずらをします。
    新しく思いついたいたずらは卵に隠れること!
    「卵は泣かないよ〜、それにこの動物は卵では産まれないはず・・」
    その通り。
    もう知っているんだな、と驚かされました。
    結局恐竜の卵?蛇の卵?なんていわれてしまって
    逃げ出すところが面白かったようですよ。

    掲載日:2009/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふくだとしおさん

    ふくだとしおさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公が沢山の鳴き真似が出来る所が素晴らしいと思いました。人が間違うくらい上手に出来るのは才能だと思いました。色鮮やかな色が綺麗でした。鰐の皮膚の質感をとても上手に表現しているのが素晴らしいと思いました。卵の中身を透けた感じで描いているのがセンスがあって良いと思いました。

    掲載日:2009/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古典落語のおもしろさ

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子2歳

     低学年向きに読み聞かせする絵本の新発掘を…と探している時に見つけました。
     古典落語「物まね泥」を参考文献にしているとあって、おもしろかったです。「物まね泥」は、夫婦が寝ているところに泥棒が入り、色々と物色している途中…夫婦が目を覚まし、物陰に隠れていた泥棒は仕方なく動物の鳴き真似をして誤魔化そうとし、とんちんかんな鳴き真似をしてピンチに陥る大騒動。
     そんな泥棒がモデルなのでしょう、鳴き真似上手でいたずらっこのことりのミーテが引き起こす大騒動!失敗して懲りたようでも繰り返すミーテ、馬鹿さを通り越した愛らしさあって楽しい絵本です。
     

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット