だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

いまなんじ?」 みんなの声

いまなんじ? 作:北村 富夫
イラスト・デザイン:遠藤 賢一
出版社:コンセル
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784907738587
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • うさぎさんと一緒に

    娘が大好きなうさぎさんがどーんと出ているので思わず手に取りました。
    これなら楽しく時計について学べるかなと思って。
    予想通り、「うさちゃん!うさちゃん!」と食いついています。
    また内容も、うさぎさんが幼稚園に行ったり、お昼寝したりと、子供の生活シーンに応じているのでとても分かりやすいです。
    時計の本でもあり、生活の本でもありますね。

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時計が読める

    4歳4ヶ月の息子に読んでやりました。やっとというか、この本で時計が読めるようになってきました。まだ、細かい60分単位までは読めませんが、おおまかに時計の読み方を理解したみたいで、生活のリズムや共通のコミュニケーションの土台をまたひとつ確立した気分です。この本では、○時というのしかでてこないので、おおまかに朝起きる時間、朝ごはんを食べる時間、幼稚園に行く時間、お昼の時間、帰る時間、おやつの時間、夕飯の時間、お風呂の時間、寝る時間しかでてきません。何度も繰り返し、毎日の生活と時間を紐付けてやるとだんだん時間というものを理解できるようになっていきます。読めるようになった、と息子も自信が持てたみたいです。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット