雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

びょういんにおとまり」 みんなの声

びょういんにおとまり 作:バラージュ・アンナ
絵:ダーノシュ・ユディット
訳:うちだひろこ
出版社:風濤社
本体価格:\1,900+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784892193187
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 流れを教えてくれます。

    病院とはどういうものか、何をするのか、

    とっても詳しく一から十まで教えてくれる絵本です。

    入院予定のある子にはいいかもしれません。

    病院ガイドブックのようなものです。

    ひとつひとつ、あなたはどうですか?など、

    質問がありますが、ここの部分は

    飛ばして読んでもいいと思います。

    掲載日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • すばらしい絵本です

    こどもが通院・入院する確立はとても高いだけに、親としてこどもに読んであげておくべき1冊だと思いました。知っていれば怖くないことも、日常とは異なる環境、器具、人物ばかりの病院はこどもにとって不安だらけです。でもこの絵本を読んでいると、病院にいってもしっている道具があると、アレ知ってる、と言い、先生にお腹を見せたり、口をあけたりもささっと抵抗無くできるようになりました。
    心の準備と訳されるプリパレーションというこの分野は欧米ではすでに一般的となっており、入院前や手術前には専門のスタッフが子供たちのケアに当たりますが、日本ではまだまだ浸透していません。親はもちろん、医療関係者、幼児教育関係者にも読んでもらいたい1冊です。
    そして何より、子供はそんな目的などお構いなしに、楽しんで読んでくれます。たくさんの絵とたくさんのお友達が表情豊かに登場するので、知っているものをみつけたり、お友達の感情を想像したり、自分も同じ顔をしてみたり、と最後まで存分に楽しんでくれます。
    80年代に書かれた古い絵本ながら、持ち物リストや自分のことなども実際に書き込めるようになっている参加型という点にも、感心しました。
    異国情緒あふれるかわいらしい絵です。

    掲載日:2010/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット