しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ゴリラにっき」 みんなの声

ゴリラにっき 作・絵:あべ 弘士
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年07月
ISBN:9784097270904
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,309
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ゴリラ体感

    表題の通り、ゴリラの日記が綴られます。
    もちろん、飼育係経験がおありのあべ弘士さんですから、
    リアリティ満点です。
    もちろん、妄想もありますが、妙に納得してしまいます。
    日付もあるので、春夏秋冬、季節を感じながら共感できますね。
    鮮やかな色彩も、生き生きとしています。
    ゴリラとヘビのにらめっこ。
    きっとそんな光景も実際あったのでしょうね。
    ゴリラの気持ちが伝わってきます。
    幼稚園児くらいから楽しめそうです。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴリラの感想

    ごんたの子供らしい目線が、いいですね。
    ほのぼのと和みました。
    トンボとのにらめっこなんて、ほんとうにかわいいです。
    我が家の子供にとっても、ちょうど夏休み中に日記をつけていたこともあって、子供ゴリラの日記も興味があった様子です。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの〜♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    唐突に日記を書く所がまずいいです

    出来事がいいんですが
    鉛筆書きようなその「感想」が
    あじがあっていいんです

    日記の絵はダイナミックで
    その鉛筆画は控えめ
    それも絶妙です

    ゴリラになった気持ちに
    読者もなってしまいます

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴリラ

    孫が、「ゴリラ」と言ってくれます!

    「ゴリラ」「ゴリラ」としきりに言ってます。

    愛嬌のあるゴリラの絵がとても印象に残ります。

    絵日記になっていてよかったです!

    「今日の感想」としてあるところが気に入りました。

    白黒で画いてあって、絵も白黒であるのがかえってよく目立ちました。


    {トンボがたくさん頭の上に集まって傘を作ってくれました。

    きらきら光るトンボ}

    なんかとっても夢が有る考え方をするゴリラが大好き!

    身近なものに考え方で感じ方が変わるんだ、変わっていけるんだとゴリ

    ラさんから教えられました!

    とうさんとのスキンシップ、とうさんへの感謝、とうさんを尊敬する

    気持ちもとても素直に画かれていて嬉しくなりました。

    とても素敵な「ゴリラにっき」でした!おとうさんにも読んでほしい

    絵本です!

    掲載日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母性愛をくすぐるゴリラ

    「4歳の子どもにちょうどいいよ」と知人に勧められて読みました。

    ゴリラにっきってどんな絵本だろう?と思いました。
    絵本には、ゴリラの子どもが日記をつけ、
    その日あった出来事と感想を書いています。

    純粋で可愛い子どものゴリラのごんた君の感想日記には
    読んでいて、とってもかわいかったです。
    絵もすごくかわいくて、動物好きにはたまりません。

    日記の内容も、人間の子どもが一度は思うような内容で、
    お買い物したり、失敗したり・・・本当に子どもらしくって
    かわいいです。

    日記の最後は、久しぶりに会えたお父さんにたっぷり甘えて、
    日記の感想には、「お父さんみたいになりたい」
    って書いたゴリラのごんた君。
    お父さんの存在もしっかり描かれていました。

    読んでいる親も母性をくすぐられるとてもかわいい絵本でした。

    読んであげた4歳の娘が、ゴリラがあまり好きじゃなかったので
    絵本の素晴らしさが伝わりにくかったところがとても残念でした。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物ウォッチング

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    ゴリラの子供が日記をつけた。
    もちろん、出てくるのは周りにいるほかの動物達や自分の家族。
    さすがはあべ弘士さん!
    動物達の特徴や習性がよく書かれている!
    読みながら、うなずいたり感心したり、動物の数だけ面白いことがある。
    しかもとても短いのだが日記が面白い。

    最後はほのぼのできて、またあべ弘士さんの絵本が読みたくなりました。

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日記の素晴らしさ

    日記の素晴らしさを感じられる絵本でした。実際に起きた事は色付きで主人公が日記を書くところは白黒なモノトーンで表現してある所がメリハリがあってとてもセンスを感じました。私が気に入ったのは日記が絵日記になっている所です。絵日記の絵がとても味があってその時に感じた気持ちをとても如実に表現できていると思いました。最後のページの日記は幸せに満ちている日記でした。もし娘が主人公のような日記を書いたら主人は感動して泣いてしまうと思いました。

    掲載日:2008/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵。ごんたの毎日も素敵。

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    身の回りのささやかな日常を書きとめたごんたの日記。
    ほのぼのしていて とても良い絵本ですね。
    のびのびと愛情豊かなゴリラや他の動物たちの表情が素敵です。

    大きな木の上でごろりとなって 満点の星を眺めているごんたの絵が、すごく気持ちよさそうでいいです。

    おとうさんが山から帰ってきたシーンで
    「いままで なにしてたの?」と小2の息子が素朴な疑問。
    んー・・、家族を守るためどっかで頑張ってきたんだよ・・きっと。

    ところで、ゴリラって泳げなかったんですね。知りませんでした。

    掲載日:2008/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • スイカのお釣

    ゴリラのごんたが、絵日記をつけることにしたお話です。

    早速、日記帳を買いに行くごんた君。
    バナナで支払うと、スイカのお釣がくるなんて・・・(笑)
    動物界の金銭感覚(!?)には、笑わせてもらいました。

    ごんた君は毎日、不思議で楽しい体験を絵日記に書いていきます。
    「きょうのかんそう」と書かれたごんた君自身の言葉が面白かったです。

    こんなに楽しい毎日だったら、絵日記につけたくなりますよね☆

    掲載日:2008/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゴリラの愛情=あべさんの愛情

    動物園の飼育係だったあべさんが描く動物が大好きです。
    このゴリラももうかわいすぎ!
    ゴリラが日記を書くところも楽しいですね。

    鉛筆だけで書かれた“きょうのかんそう”と絵がいい味を出しています。
    ゴリラって本当にこんなこと考えてるのかも?と思ってしまいました。

    ゴリラが周りの生き物に対する愛情が感じられました。
    これはあべさんが動物たちに対する愛情なんでしょうね。

    最後は「おおきくなったら とうさんみたくなりたい。」とあります。
    お父さんと一緒に読んでも楽しい絵本ですね。

    掲載日:2007/04/04

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / きょだいな きょだいな / おひさま あはは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット