うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ごはん まあだ?」 みんなの声

ごはん まあだ? 作・絵:トニー・ロス
訳:金原 瑞人
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1995年10月
評価スコア 3.86
評価ランキング 28,801
みんなの声 総数 6
「ごはん まあだ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私もきをつける・・・。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子5歳

    5歳の娘が図書館から借りてきました。

    「これおもしろそうだよ。」と言いながら読み始めた娘。
    ずっと王子様だと思っていたのですが、
    主人公は実はお姫様だったようです。

    「なによその言い方!」としょっちゅう火の粉を吹いている私にも
    ぴったりの一冊。

    こどもだけでなく、私も注意をするときは
    かっとせずにこの絵本のように冷静に・・・なぁんて
    おもっちゃいました。

    こどもにも親にも、無理なく有るべき姿を教えてくれる一冊ですね。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔女ばあさん

    魔女ばあさんが、想像する魔女とは違って妖怪のようだったので驚いた

    のと、移動手段がほうきでなくて三りんしゃというのがなんだか笑えま

    した。でも動きも機敏だし、空中を飛べれるのはかっこいいなあって思

    いました。化け物のような魚でも、魔女ばあさんに退治されて額に封じ

    こまれても自分の子供が探しにきて近くにいると親子だからお互いに存

    在がわかるのだと思いました。ちょっと不気味な絵ですが、魔女ばあさ

    んが気になった絵本でした。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • イギリスで人気の絵本だそうです。
    「ごはん、まあだ?」 大きな口をあけて のどちんこがみえて えっ?これはなに?
    なんです、 その いいかたは? おきさきさま。
    おきさきさまは きちんと 教えているのが ママの教育ですね!
    おひめさまの顔がまた おもしろくて
    かいぶつにも おひめさまが 教えてあげているのも最高です! 

    さいごの「ありがとう!っていうものよ。」は学ばされましたね!
    シンプルで 子供には分かりやすい絵本ですね!

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • こういうことってありそう

    息子が2歳頃、パパが「雨が降ってきたから出かけるのはまた今度ね」と言いました。その後、パパが新聞を読んでいると息子が「雨が降ってきたから新聞はまた今度」と片付けてしまったことがありました。

    子どもって自分にされたことはよく覚えているし、覚えたての言葉はすぐに使ってみたいようです。この絵本でも言葉遣いを直されたお姫様が、かいぶつの言葉遣いを直しています。この絵本を読みながら「こういうことってありそう」と思いました。子どもの無邪気さがよく現れている作品だと思いました。

    掲載日:2007/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • まだですよ〜!

    言葉遣いが いまいちな お姫様。
    お姫様って、みんな丁寧な口調でお話をするのかと思っていたらこの本はちょっと違う。
    思ったことは、素直にストレートに表現するものだから おきさき様も将軍様も困ってしまいます。
    でも、お姫様よりも言葉遣いの悪い怪物くんが登場し、お姫様は自分の事など棚に上げずに 怪物君を説教しはじめます。最後には お姫様も お姫様らしい言葉になってしまうという良いお話しです。
    我が家も、お姫様ばかりなので 言葉遣いだけは小さい時から厳しくしてる為か、ページをめくって読むたびに 子供が 言葉の修正ばかりを突っ込みながら読んでいました。(笑)

    掲載日:2006/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手元においておきたい本

    本のバーゲンで、娘にねだられて、あまり期待せずに購入しました。
    20ページほどで1ページに文章は一行ですが、いわゆる「赤ちゃんの本」じゃなかった。主人公のおひめさまが、ユーモラスに、言葉遣いや「ありがとう」を教えてくれる、ちゃんとした「物語」でした。さいごに出てくるかいぶつ君もいい味だしてます。娘は字は読めませんが、すぐに暗記してしまって、ひとりで朗読(?)をしています。
    一度読んだら満足してしまう本もあるので、私は図書館で借りて読む本・・と、購入していつまでも持っていたい本・・に分けるのですが、これは絵がかわいくて、色もきれいな本なので、娘が大きくなっても、手元にいつまでもおいておきたいものの一つになりました。

    掲載日:2003/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット