貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス)
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

21世紀こども百科 歴史館 (増補版)」 みんなの声

21世紀こども百科 歴史館 (増補版) 監修:大塚 初重 石井 進
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\4,700+税
発行日:2002年04月
ISBN:9784092212121
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,363
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 中学生でも十分

    小学生のこどもが読んだらいいなと思い購入した図鑑です。しかし全く興味を示さないので大人の私が読んでます。学生の頃に習った時には興味がありませんでしたが今、読んでみるとおもしろいです。特に世界遺産に登録された平泉にある中尊寺や10円玉でお馴染みの平等院鳳凰堂など大きくカラー写真で解説されていたり、名前は知っているが見たことがなかったものが数多く写真で載ってます。一見の価値有りですよ。小学生ではなく中学生でも十分つかえますよ。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット