なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

おおかみのおいしゃさん」 みんなの声

おおかみのおいしゃさん 作:オルガ・ルカイユ
絵:こだましおり
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784001112122
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,963
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 意外性のある歯医者さん

    このお話は、腕のいいオオカミの歯医者さんのお話でした。森にはいろいろな動物のお医者さんもいたのですが、みんな個性的な処方でうちの子はウケていました!!でも、オオカミの医者さんだけはちゃんと診察してくれてうちの子は「おおかみってすごいんや〜!」って言いながら感心していました。

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 変なお医者さんたちが面白い

    • ccさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    うさぎのマルクが具合が悪くなり、
    おかあさんうさぎがおいしゃさんにつれていきます。
    もぐらやいぬ、ねこなどのおいしゃさんは
    みんな変な治療法を提案してくるので、
    「そんなんじゃ治らないよ〜」と子供も笑ってました。

    おおかみのおいしゃさんを紹介されるけど、
    おかあさんうさぎは怖くて逃げてしまいます。
    絵からもおかあさんの怖がりが伝わります。

    でも、本当は優しくて、きちんとした処方をしてくれるおおかみのおいしゃさん。
    おおかみのおいしゃさんはかっこいいんだよね〜と子供も何度も読んでいます。

    掲載日:2016/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 具合の悪くなったうさぎのマルクは、おかあさんに連れられて、色々なお医者さんを訪ねます。
    もぐらのお医者さん、とりのお医者さん、ねこのお医者さん…みんな、それぞれの治療法を教えてくれるのですが、どれもこれもおかしなものばかり…
    一生懸命、マルクがやってみようとする姿も、少しけなげでしたが、そのうち困ってしまって…
    そして、名医と聞かされたおおかみのお医者さん…
    食べられてしまうのではと心配でたまらないおかあさんでしたが、なんとマルクは、ひとりで会いにいくのです。
    どうなることやらと心配でしたが、そこで教えられたこととは…
    私たちにとっても、大切なことを教えられたような気がしました。

    掲載日:2015/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  •  タイトルの通り、おおかみのお医者さんが表紙に描かれています。アップで!大型の絵本ということもあり、迫力があります。(なかなかのイケメンだと思います)

     さて、こうさぎのマルクは朝から具合が悪く、お母さんはマルクをお医者さんに連れていきます。もぐらのお医者さん、犬のお医者さん、鳥のお医者さん、猫のお医者さん・・・。いろんなお医者さんのところへ出かけていきますが、どのお医者さんのいうことも、なんだか変!困っていると、ふくろうが「よい いしゃが おる」と言って、別のお医者さんを呼んでくれるのですが・・・。

     病気になった時の心細さ、信頼できるお医者さんにめぐり合えないあせり、おおかみのお医者さんが現れた時の驚き!お母さんうさぎの心の動揺がよくわかり、お話の先が気になり、ページを 次へ次へとめくりたくなります。また、しっかりと描きこまれた画面は、見ごたえがあり、とても良い絵本だと思います。

     一緒に読んだ娘の第一声は 「うさぎのおいしゃさんは、いなかったの?」 うーん、確かに!

     裏表紙の絵が面白いですね。お医者さんたちの集まりの記念写真でしょうか?ここにも、うさぎのおいしゃさんは いないなぁ・・。

    掲載日:2015/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しくて立派な、おおかみのおいしゃさん。

    おかあさんうさぎは怖くて怖くて逃げ出してしまいますが、おおかみを見たことがないマルクは好奇心いっぱい。

    本当…好奇心って怖いもの知らずだなと思いました。
    それにふくろうの言うことって正しく聞こえるから、不思議。

    おかあさんうさぎもマルクも、おおかみは優しくてかっこいいって思ってくれたみたいでよかったです!

    キリッと光る鋭い目が印象的で、おおかみ好きの人なら必ず手にとってしまう絵本なんじゃないかなぁと思います。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 偏見を持たない子供

    6歳長女に読みました。うさぎの坊やが病気になり、お母さんがお医者さんを探してあるくのですが、いいお医者さんが見つかりません。そこでふくろうにオオカミのお医者さんを紹介してもらうのですが…。

    このウサギのお母さんは逃げるのですが、坊やはオオカミのとこに。でもオオカミを信じてみてもらう坊や。子供って偏見がないんですね。オオカミを近くで見たいという理由だったようですが。人を外見や、噂で判断したらダメだなと考えさせられました。

    掲載日:2014/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみのお医者さんはリーダー

    迫力のある表紙に惹かれて手に取りました。ページを開くと、うさぎの親子が登場。こうさぎマルクの具合がよくないようです。心配になったおかあさんはお医者さんに連れて行きますが、もぐらのお医者さん、いぬのお医者さん、とりのお医者さん、ねこのお医者さん、魚のお医者さん、森の中にいるどのお医者さんもみな、言うのはへんてこな治療法ばかり。「この子をなおしてくれるおいしゃさんなんて、いないんだわ」とくじけてしまったおかあさんうさぎですが、ふくろうがよい医者がいると教えてくれます。でもそれは「おおかみのおいしゃさん」でした。
    オオカミにおびえて子どもを置いて一人逃げ出してしまったりと、ちょっぴり情けないおかあさんうさぎの行動は、自分を見ているようでちょっとバツがわるかったです。
    読み終わったあと、裏表紙を見て娘が「ほら、やっぱり。おおかみはお医者さんのリーダーなんだよ」と一言。描かれたお医者さんの集合写真には、人間のお医者さんも動物のお医者さんも一緒です。その中央にはおおかみのおいしゃさんがデンと座っていました。

    掲載日:2012/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいオオカミさん

    キリリとしたオオカミの絵に惹かれて手に取りました。

    ウサギのマルクは体調が悪く、お母さんウサギに連れられお医者さんを訪ねます。
    モグラ、魚、犬、猫…。
    アドバイスはもらえるのですが、ちょっとウサギには当てはまらないような感じ。
    お母さんウサギは納得せず、次々と他の動物のお医者さんへ行きます。
    納得いく話が聞けず困っていたら、フクロウが「オオカミのお医者さんが良いよ」と声をかけてきます。
    オオカミなんて、とんでもない!お母さんはマルクに付いて行く気になれず逃げてしまいます。でも、やっぱり心配になってオオカミの元へ行ってみると…
    オオカミはマルクに野うさぎが活躍する絵本を読んでくれていました。お母さんにも納得がいく治療法を話してくれました。
    おまけに夜も遅かったので、一晩泊めてくれたのです。

    先入観にとらわれてはいけない、というお話です。
    でも。子供はそう解釈してくれるのかなあ。ちょっと心配です。絵本の中ではキリンも象も診てくれるネコのお医者さんもいます。けど、この絵本の世界では違うような印象があります。モグラのお医者さんのアドバイスもモグラには有効なのかも…と思える節が残ります。
    うがった見方をして
    「自分の求める意見を言ってくれる人を探すのは良い事だ」
    と思うかもしれない。

    「ウサギのお医者さんがいたら、いいのにねえ」
    何度か読んで子供が言いましたが、そういう一文がどこかに欲しかったと思います。
    背表紙に、登場した動物のお医者さんと人間のお医者さんの集合写真があります。ウサギのお医者さんはいませんでした。それで子供は納得してましたが…。

    絵がシンプルで、力強くて素敵です。見ていると元気が出てきそうな感じ。
    ちょっと大きめのサイズなのも絵に迫力が出て良いと思います。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先入観で判断してはいけない

    お医者さん絵本ばかり読みたがる息子に借りて来ました。

    うさぎの子、マルクが具合が悪くなってお母さんと一緒にあちこちのお医者さんを訪ねる話です。行くところ行くところ、まったく見当違いな治療をしてくれるヤブ医者ばかりなのですが、そこのところは2歳の息子にはちょっと難しかったようでした。

    おおかみがいかにも怖そうに描かれているのですが、実際には一番の名医だという展開です。おおかみだから近寄ってはいけないという先入観にとらわれていた母うさぎが最後はおおかみに感謝します。

    息子は具体的な治療場面が好きなのと、おおかみがちょっと怖かったこともあり、この絵本は1度読んだきりになってしまいました。

    掲載日:2010/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名医

    白衣を着たおおかみのお医者さんが、ちょっと怖そうだけれど、内容が

    知りたくて図書館から借りてきました。

    一見怖そうだけれど、凛々しくて優しい目をしているように感じました

    おおかみさんは、読む絵本は結構間抜けでおしとよしなおおかみさんが

    多いので読んでいてもきっとそうに違いないと思ってました。

    案の定、医者として信頼できて、しかも名医だったのでやっぱりなって

    思いました。マルクがおおかみさんを信頼して尊敬したので、おおかみ

    さんも診察した甲斐があってよかったです。

    相手を尊敬すれば、きっと関係も上手くいくと思った絵本でした。

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのにちようび / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット