十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

こぎつねせかいのはてへゆく」 みんなの声

こぎつねせかいのはてへゆく 作:アン・トンパート
絵:ジョン・ウォルナー
訳:星川 菜津代
出版社:童話館出版
本体価格:\1,450+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784887500402
評価スコア 4
評価ランキング 20,742
みんなの声 総数 2
「こぎつねせかいのはてへゆく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さいごがいいです

    挿絵はとても趣向をこらした絵で、字が読めない子供でもお話を理解することができます。

    こぎつねが思い描く冒険の話に、ひとつひとつ母親が驚いたり、安心したりと丁寧に反応していくので、話を聞いているこどもは、母親がこぎつねと一緒に冒険しているような気持ちになるのかなと思いました。

    最後は、親子の絆を深めるような、子供を安心させる結末です。母子のつながりの深まる本です。

    掲載日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • お母さんと娘

    • つみつみさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子6歳、男の子1歳

     終始こぎつねとかあさんぎつねのやりとり。全て想像(創造)したお話についてのやりとりなんだけど、大胆なこぎつねと心配性なおかあさんの対比が面白い。(わざと大げさに心配しているのかなあ。どちらにしても娘ぎつねへの愛情があふれてる)
     本の最後はやはり娘をもつ母親としては、嬉しくなってしまうおはなしです。

    掲載日:2009/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / 14ひきのあさごはん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット