しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

フレーベル館だいすきしぜん(みずのいきもの) かえる」 みんなの声

フレーベル館だいすきしぜん(みずのいきもの) かえる 指導:長谷川 雅美
写真:関慎太郎
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784577037218
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,335
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アマガエルの本

    4歳の息子と読みました。
    彼は、自宅の庭にヒキガエルを放してから、カエルに夢中。

    この絵本は、カエル全般というよりはアマガエルについて記した絵本。
    アマガエルは周りの色に自分の身体の色をあわせられるのですね。
    15分で見事に木の幹の色に変身することができるのですね。

    息子もとても楽しく読んでいました。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなカエル

    このお話にはいろいろなアマガエルが載っていました。最近梅雨入りして、家の周りでもカエルを見かけることが多くなったので、この絵本を読んだら、自分が見たほとんどのカエルがアマガエルだっていうことが分かりました。いろいろな模様があってもみんなアマガエルだっていう事に親子ともどもビックリしていました。

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発見もりだくさん

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    フレーベル館のだいすきしぜんシリーズです。
    かえるの特徴、行動など、写真で楽しく学ぶことができます。

    かえる好きな娘、もちろん興味津々です。
    大きく伸びるその姿や、体の色の変化、なく時の喉のふくらみなどに、驚いていました。
    かえるの食事の場面は、大人の私はちょっと怖かったりもしたのですが、娘は、
    「おいしいのかなぁ〜」
    普通に疑問に感じていた様子。

    大人もきっと新しい発見をできるのではないでしょうか。
    かえるのうんちするところなんて、なかなか見ることできないですもんね。

    掲載日:2009/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『ハリー・ポッターと呪いの子』 翻訳者 松岡佑子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット