あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

きんいろのとけい」 みんなの声

きんいろのとけい 作:片山 令子
絵:柳生 まち子
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,200+税
発行日:1993年
ISBN:9784906379330
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,053
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ふふ

    かわいいです。
    初めて、金の懐中時計を見たどうぶつ達の発想。

    しかも、どうぶつ達はおとななので、もっともらしく言ってるんだけど、見当はずれで。

    「コチコチいってる。これいきているのよ。」って(笑)

    ほのぼの感に、ふふ、、となりました。

    掲載日:2016/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃんの形見

    男の子が大好きなおじいちゃんのきんいろのとけいを持って、森へ出かけていきました
    ちょうちょを追いかけているときに、うっかり大事な時計をしまい忘れてしまい、それを見つけた動物たちは・・・・
    「といけ」と言うものを知らない動物たちが、金色の時計を、色んなものに見立てます
    あんず(?)あかちゃん(?)たまご(?)
    結局たまごに見立てられて、偶然男の子は守り役を頼まれます
    男の子のとってはきっと形見の時計なんですね
    それが森の動物たちには、赤ちゃんに思えたりするところは楽しいと思います

    掲載日:2012/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子かと思ったら、男の子が主人公!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    タイトルと表紙絵が目について図書館で借りてきました。
    表紙絵の子どもは初め女の子かと思っていましたが、なんと!男の子でした。ちょっとびっくりです。片山令子さんらしい優しい文章でした。
    森の動物たちの発想が見ていて可愛かったです。
    読めば読むほど味わいが出てくる物語のような気がします。
    4,5歳くらいからお薦めできます。
    このお話は「おじいちゃん」にもらった時計を大事にしているので、できたら読み手はおじいちゃん化おばあちゃんがいいな〜と、思いました。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時計が・・・

    男の子が落としてしまった時計。

    それを森の動物が拾って何かとたまごだと
    勘違いしてお世話をします。
    そのお世話をする様子がなんとも微笑ましいです。

    「時計なのに〜」と時々突っ込みたくなっちゃう絵本。

    最後は男の子のもとにちゃんと帰ってくるんです♪

    掲載日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃんのおもいで

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子11歳、女の子10歳

    大好きなおじいちゃんが使っていた時計。古くて、きんいろで小さな音をたてて動く時計。
    男の子はおじいちゃんとよく遊んだ森へその時計をもって出かけます。きれいなちょうちょをみつけて走り出したとき落としてしまいます。
    時計を見たことのない森の動物たちは、いろいろ話した結果何かの卵だということになります。卵をほって帰るわけにいかないので、そこを通りかかった男の子に見てくれるよう頼んで動物たちは帰っていきます。
    自分のもとに返った時計を大事にそっと持ち男の子は帰ります。
    すこしせつなくなるお話ですが、森での出来事はおじいちゃんが用意したサプライズのように思えます。ちょうちょに出会えたことも、動物たちに出会ったことも、時計が壊れずに戻ってきたことも男の子がおじいちゃんを忘れずにいるからおきた出来事かもしれません。
    大切なヒトが亡くなっても心の中に、思い出の中にいるよとささやいてくれているような本だと思います。

    掲載日:2006/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時計の音を鼓動と勘違い!^m^

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子3歳

    男の子が森で時計を落としたことから始まる物語。

    男の子も森を冒険したけれど、
    男の子が落としてしまった「時計」もまた、
    ある意味、冒険したのでしょうね♪

    時計のコチコチ鳴る音を動物達が生き物の鼓動と勘違いする場面は
    ほほえましくて、気に入ってしまいました。

    イラストを手がけた、柳生まち子さんは「いえでだブヒブヒ」で、
    見事なまでの隠し絵で楽しませてくれました♪
    今回も何かあるのかな、という視点でも見てしまいましたが分かりませんでした。
    でも、歩き回った後の男の子の靴下が片方だけ下がっていたり、
    とっても細かいところまで凝ったイラストです。

    掲載日:2006/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時計にまつわる素敵な一日

    • るかさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

     文を書いたのは、詩人、童話作家、翻訳家として活躍している片山令子さん。絶版になってしまいましたが、江國香織さんもおすすめの美しい日本語の詩画集「ブリキの音符」や、「すいしょうゼリー」「夏のかんむり」などが代表作。同じく絵本作家で夫の片山健さんが絵を描いた「たのしいふゆごもり」も、くまの親子の“ふゆごもりの準備”を、温かい色合いとかわいいエピソードでつづったとても人気のある作品です。
     お話しの内容は、おじいさんから貰った金色の時計を持って森へ行く男の子のお話しです。ふとしたことから時計を落としてしまいます。それを拾ったクマやウサギ、フクロウ達が大奮闘の末、カチカチ鳴る時計を何かの卵だと思って大切に見守ります。そして、最後に男の子の下に戻ってくるのです。ほのぼのする、素敵な作品です。
     ちょっと長めなので、お話を理解できるくらいの年の子供におすすめです。

    掲載日:2003/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット