すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ねずみのよめいり」 みんなの声

ねずみのよめいり 作:若菜等+Ki
絵:若菜きよこ
出版社:チャイルド本社
本体価格:\333+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784805430491
評価スコア 3.75
評価ランキング 30,520
みんなの声 総数 3
「ねずみのよめいり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親心

    お馴染みの有名な「ねずみのよめいり」です。親心もわかるだけに、どの絵本にも私は、ねずみのおむこさんの結末に安堵して幸せになってほしいと思いました。読む年齢によって気持ちの変化があって感じ方も違ってました。いくつになってもお薦めですが、絵がほのぼのとして可愛くてわかりやすいので小さい子からお薦めの絵本です!

    掲載日:2017/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • せかいいち立派なのは・・

     やっと子宝に恵まれたねずみの夫婦が、大事な娘を世界一立派なものと結婚させるため、婿探しをする話です。
     私がこの昔話でいいなあと思うところは、夫婦が、娘の婿に立派なものをといっても、お金持ちを探すのではないところです。この世の中の何もかなわない、大自然の太陽や風を婿にしようとするところが、とても冷静で、しかも最後には「私たちねずみがせかいいち立派なのか」と言う大らかさ! 結局、幼馴染のねずみを婿とし、ほっと安心できるのもこの昔話の良さかなあと思います。

    掲載日:2012/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の強さとは?

    ネズミの夫婦が、娘のためにお婿さん探しをするお話です。

    世の中で一番えらい人をお婿さんにしようと、必死で探す夫婦の姿が可愛らしく描かれていました。
    お日様も雲も、ネズミ夫婦の希望に応えようと頑張る姿も素晴らしいですが、やっぱり最後のオチ(?)がいいです!
    娘のために頑張る夫婦の姿に心打たれました。

    昔話なので、一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/05/18

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット