十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

あら、たいへん!こんなじかん」 みんなの声

あら、たいへん!こんなじかん 作・絵:おおしまたえこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784591109403
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,736
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これもひとつのトイストーリー

    この夏トイストーリー3の映画を観た5歳の娘が、「トイストーリーより面白いよ!」と選んだ絵本です。

    おじいちゃんとおばあちゃんだけが暮らしている家の屋根裏部屋で暮らしている、もう遊ばれなくなったおもちゃたち。
    その中でリーダー的存在の、くるみちゃん。
    お人形たちは毎日忙しく楽しく暮らしています。

    そんな中、おもちゃの持ち主だった「元女の子」と、その双子の娘がやってきて・・・

    トイストーリーのおもちゃたちは、こどもと遊んでもらうのが至上の喜び!という感じだったけど、くるみちゃんたちは自立してるなぁ。
    でも、「元女の子」のママが抱っこしてピアノを弾いてくれたときの安らぎ、喜び。
    おもちゃとこどもの「いい関係」を感じます。

    この絵本を読んだ後、娘は久しぶりにぬいぐるみのかごをゴソゴソして、ぬいぐるみ達を出してあげてましたよ。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • しあわせな おもちゃたち

    おもちゃで遊ぶのは、小学校低学年くらいまで。
    遊ばなくなったからって、「はい、さようなら!」という訳には、なかなかいかず、、、
    思い入れのあるものは、とっておきたいですよね!

    このお話は、忘れられた おもちゃたちが、屋根裏部屋でこっそり暮らしている様子を描いたものです。
    遊んでもらえなくなっても、楽しく暮らす おもちゃたち。
    こういうの、夢があっていいなぁ…って思いました♪

    おもちゃだから、少し前のことしか覚えてないっていうのも、面白い設定です。
    でも、端々で何かが甦るんですね〜。
    おもちゃたちだけでなく、大人になった持ち主も、おもちゃを手にするだけで、一瞬にしてあの頃が甦ってくるんです!味わい深〜い!

    私のおもちゃは残っていませんが、娘が特に大切にしているおもちゃは、取っておいてあげたいなって思いました。

    掲載日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • しみじみ

    おかあさんが子どもに「はやくしなさい!」と言って
    ばかりいるようなことを描いた絵本なのかな?と勝手に
    思い込んでいたので、全く違った内容に驚きもし、ほろっと
    涙がこぼれそうにもなりました。

    うちの娘はひとりっこなせいもあり、ぬいぐるみや、おにんぎょう
    が家にもたくさんあります。今だって「忘れ去られている」ぬいぐるみ
    があったりもするので、娘が大きくなったらどうなっちゃうのか
    なあ、やっぱり思い出しもしないのだろうなあ、なんだか
    切ないなあと思っていたのですが、この絵本のように、忘れ去られた
    おもちゃ達が、おもちゃ同士で仲良く楽しく暮らすことができる
    ならばいいなあ・・と、希望が湧いてきたのでした。また、娘
    がふと思い出してぬいぐるみを膝にのせた時に、ぬいぐるみの
    方でもなんだかわからない場面が浮かんできてくれれば
    いいなあとも思いました。

    掲載日:2012/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちゃの世界

    お人形たちが楽しそうにみんなで遊んでいるのが、とっても楽しそうな絵本でした!!うちの子も戦隊物の人形とか持っているので、この絵本を見て、「僕のも夜動くかな〜!?」って言いながら聞いていました。物を大切にするって言うことが、裏にあったような気がします。とっても素敵な絵本でした。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良しのおもちゃたち

    屋根裏部屋で自由気ままに過ごすおもちゃたち。
    ある日双子の女の子がやってきて賑やかに。
    けんかを始めた二人をいさめようと現れたのは二人のお母さん。
    おもちゃのかつての持ち主はお母さん。
    お母さんが登場してくるみちゃんと過ごす素敵な時間は
    とてもステキです。
    懐かしいなと思うお母さんとくるみちゃんの時間がグッと遡ったひととき。
    ラストはちょっと切なくなりますが
    子どもの頃のおもちゃなんかが大人になっても残されているのってイイなあって思いました。
    娘の持ち物もちょっとは残しておいてあげようと思いました。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありそうなお話!

    大島妙子さんの絵本が最近お気に入りの息子。どこからか持ってきました。

    くるみちゃん達、オモチャは遊んでくれる人もいなくなって、オモチャだけで屋根裏で暮らしています。
    朝一番に起きて、皆の世話をセッセと焼いているのはくるみちゃん。「あら、たいへん!こんなじかん」がなぜか口癖です。
    そんなある日、双子の女の子がお家にやって来て、屋根裏のオモチャで遊び始めます。くるみちゃんは取り合いになる人気者。仲裁に入ったお母さんに抱っこされたくるみちゃん。何だかよく分からないけれど、懐かしい気持ちになっていきます。
    そんな時、お母さんの一言
    「あら、たいへん!こんなじかん」

    子供って、親の口癖を真似している時がありますよね。
    その口癖、オモチャ達にも実は伝染しているのかも…。私には聞こえないだけで、子供のオモチャも私と同じ口癖を言ってるのかも…。何を言っているのかなあ、気になります。

    『いがぐり星人グリたろう』のグリたろうがオモチャに混じっているのに息子は気づいて、それもポイント高いようです。

    掲載日:2011/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい

    大島妙子さんの作品はどれも愛情がこもっていて温かいから大好きです。勿論この、「あら、たいへん!こんなじかん」も、そうです。
    くるみちゃんは、とても大切に女の子に可愛がられていたと思いました。女の子の口癖がみについていたのでとても微笑ましくて和みました。二人の双子の女の子のお母さんになった女の子も久しぶりにくるみちゃんとの時間が持てて幸せそうでした。嬉しくて、温かい気持ちに触れて嬉涙が出ました。

    掲載日:2010/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切にされてきた証

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    童謡「おもちゃのチャチャチャ」のような不思議で楽しい世界。
    我が家にもリビングに置ききれなくなったぬいぐるみや人形を、置いてある部屋があります。
    もしかしたら知らないうちにそのぬいぐるみたちが・・・なんて想像をしてしまいました。

    「あら、たいへん、こんなじかん」
    そんな口ぐせのある人形くるみちゃんの、楽しくほのぼのとしたお話です。
    とってもユニークな口ぐせですが、その理由が分かったときには、心がほっこり温かい気持ちになります。
    それはくるみちゃんが、ずっと大切にされていた証だったのですね。

    最近娘がおはあちゃんの家(私の実家)に行くと、いろいろなおもちゃで遊んでいます。
    新しいものもあれば、とっても懐かしいものも。
    私が子供のときに遊んだおもちゃや人形たちが、そこにいます。
    その人形はどんな口ぐせがあるのかな・・・
    そう考えると楽しくなります。

    掲載日:2009/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ねずみくんのチョッキ / ピヨピヨ スーパーマーケット

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット