キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

たいようまつり」 みんなの声

たいようまつり 作:風木 一人
絵:西村 敏雄
出版社:イースト・プレス イースト・プレスの特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784781601403
評価スコア 4.15
評価ランキング 18,060
みんなの声 総数 25
「たいようまつり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • あれれ太陽がいっぱい

    あれれ太陽がいっぱい?
    おかしいね。太陽は一つのはずなのに…
    でも、いいの、いいの
    なぜって、まつりだから!

    音楽が聞こえてきそうな、楽し気な太陽たちの絵。
    色も構図もリズム感があってステキです。

    最後の、「あしたからはひとりずつでようね」が、また良いです。

    掲載日:2017/10/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 太陽もおまつり楽しみたいんだ

    太陽のお祭り お祭りは何だか心をウキウキさせます
    なぜかな? お祭り 心が騒ぐのは みんな楽しいことが好きなんですよね
    しかもみんなで楽しむことが 太陽もみんなで 音楽たのしんだり
    お月様も仲間にいれて 楽しんでる
    雲たちもこの時は協力的なんだ じゃましないんだ 
    お祭り大好きな 楽しいお話しでした

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • ありがたいけど

     日差しが強くなって、あたたかくなるのは、とてもうれしいです。太陽まつりは楽しそうだけど、紫外線がこわいな、なんてリアルなことを考えてしまいました。

     むしろ、くもくもまつりは、おもしろそうです。たくさんの雲が空を流れていくのは、お祭りをしているのかもしれないですね。
     太陽は、とてもありがたいけど、やっぱり一つずつ来てほしいなと思いました。

     明るくてやさしい絵に、リラックスできました

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんだかわけわからないけど楽しい

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。いきなりたいようまつりなので、太陽があっちから、こっちから、そっちからとどんどんいくつもいくつも上ってくるというとても不思議な始まり方。そして、みんなでなんだか集まってただ楽しんでいるだけ。まちがってお月様や雲もやってきてしまうけど、たいようまつりがあるならおつきまつりやくもまつりもあるのかな?なんだかわけわかんないけど、みんな楽しそうだからこちらも楽しくなってしまう不思議な絵本。冷静に考えると、こんなに太陽が集まるとものすごく熱くてたまらないだろうし、重力のことも考えると本当はひっぱりあったり引っ張られたりで大爆発を起こしたりとすごいことになるんだけど、そんなことはどうでもいいや、と素直に息子と楽しんでしまいました。そういうお気楽な絵本です。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • そんなのあり?

    全ページ立ち読みで読みました。

    太陽がたくさん出て来て一日楽しくお祭りするというお話なのですが、頭の固い大人からみると、「は?、そんなのあり?」と思わずにはいられないのに、子供は割と無理なく受け入れられるようです。

    太陽が複数あることにはまったく疑問をはさまず、「おつきさまもでてきたね!」とそちらの方が印象に残ったようです。

    子供の感覚も不思議ですが、絵本も不思議です。私は好きです。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 太陽のみ

    出てくるのは太陽のみ。

    たいようまつりというのがテーマなので

    途中で町の人がでてくるかと思いきや

    月や区もがチラっとでてくるのみです。

    話も内容はシンプルでいいですよ。

    最後のページで太陽がみんな並んで寝てる、絵。

    なかなかステキです。

    掲載日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議なおはなし

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    西村さんの絵だ!と
    「全ページ試し読み」で読ませていただきました

    西村さんの地味なような
    渋い感じの絵がなんとも素敵♪

    個性的なたいようがいっぱい

    子ども達は絶対「これ好き」「俺は、これ」と
    好みの太陽を指差すと思います

    くもくもまつりも見たいなぁ〜

    スケールの大きいような
    小さいような
    人間臭いような
    なんとも不思議な世界のおはなしでした

    掲載日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ひげたいよう

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    前頁立ち読みで読んでみました。

    たいようまつり。

    タイトルだけでも、なんだろう?って期待。
    そして、絵は西村敏雄さんだから、もっともっと期待。

    ひとつめのたいようは・・・

    ふたつめのたいようは・・・??

    みるみるうちにたくさんの太陽が出てきてしまって、
    空でたいようたちがお祭りを始めてしまいます。

    なるほどね、だから「たいようまつり」なんだ。

    ひげたいようやら、足があるたいよう。

    いいなぁ。なんだかとっても楽しそう♪

    文の方もテンポがいいので、読むのも楽しいし。

    空が快晴!!って時には、もしかしたら
    たいようまつりが開催中かもしれないですね〜。

    今度、うちの子たちにも読んでやりたいです♪

    掲載日:2011/04/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • たいようがいっぱい

    たいようのおまつり!楽しそう!と思いページをめくりました。
    驚いたのは、主人公の太陽さん、ひとり(ひとつ?)ではないのです。
    複数のたいようがみんなでお祭りします。

    太陽がひとつという概念にとらわれている大人にとっては、少し疑問がわくかもしれませんが、子どもはきっと楽しく空で繰り広げられるお祭りを楽しめることでしょう。

    でっも、最後の一文に、あしたからはひとりずつのぼろうね
    と書かれてあるところが腑に落ちたという感じでホッとしました。

    掲載日:2017/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそう^^

    たいようがいっぱいでてきて、おまつり騒ぎの楽しいお話でした。うっかりでてきたお月さまも参加して盛り上がるところや、雲が出てきて太陽が隠れてしまいそうになるところがユニークで面白かったです。ラストのオチも良かったです。

    掲載日:2017/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット