もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おそとだいすき」 みんなの声

おそとだいすき 作・絵:オフェリエ・テクシエ
訳:きむら ゆういち
出版社:そうえん社
本体価格:\1,000+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784882643937
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こわくないオオカミ

    ワニオオカミというなんとも不思議なキャラクター。

    どう考えても怖そうだけど、表紙を見た感じは

    全く怖そうではない。

    花を持ってるし、蝶々も近くにいる。

    とっても気になって図書館で借りました。

    お話を読んでいくと、ちょっと女の子っぽいところがある

    男の子でした。

    森のみんなと仲良くあいさつしたり、花を摘んでみたり。

    かと思いきや、魚釣りをしたり、大声出したり。

    このひとりだけで十分いろんなキャラクターを

    感じることができます。

    ハッピーな気分になれるお話でした。

    掲載日:2012/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お外

    孫もガオガオのように早くゲートトレーナーに乗って外に自由に行ける

    ようになったら、どんなに楽しくなるだろうなあっておもいました。

    でも自分専用のゲートトレーナーも出来てきたし、その日がくるのも近

    いと信じています。ガオガオのようになりたいという思いが、願いが毎

    日のリハビリで実を結ぶと信じています。ガオガオがパンツ姿で、池の

    中に飛び込む顔って、ちょっと派手なパンツが恥ずかしかったのかなあ

    って思いました。お花を摘んでおかあさんにプレゼントするガオガオは

    優しいと思うし、おかあさんの嬉しそうな顔がやっぱりいいですね!

    絵も色彩がはっきりとしていて綺麗で目立ち、惹かれます。

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘のことかと・・・

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    娘のことを描いている作品かと思いました。
    ワニオオカミのガオガオくんが、お外の世界の楽しみを教えてくれます。

    「やっほー」大きな声を出すガオガオくんに、
    「○○(自分の名前)のまね?」と聞いた娘。
    そう、娘もよく外で「やっほー!」と大きな声を出すのです。

    さかな釣りの場面では、自分も大好き。
    水遊びの場面では、自分もやりたい。
    もう何もかも好きでやりたくてたまらない様子でした。

    ところがガオガオくんがママにお花をあげる場面。
    自分もあげるー!と言ってくれるかと思いきや、そのママの姿を見て、

    「はな、おっきーい!」

    ガクッ。
    でも確かに鼻が長く大きい。笑
    何だか期待していた自分も、娘の素直な反応もおかしくて、笑ってしまいました。

    掲載日:2009/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット