ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

しばてん」 みんなの声

しばてん 作・絵:田島 征三
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1971年04月
ISBN:9784032040500
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,902
みんなの声 総数 12
「しばてん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 人間の身勝手さ

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子11歳、男の子8歳

    自分に都合のいい時は受け入れ、
    都合が悪くなると突き放す。
    ひそひそ声をだんだん大きくして・・・
    立場の強い人間の一声で動かされる。
    本当は自分も荷担したのに、
    誰かのせいにして知らん顔。
    ・・・そういった人間の身勝手さ、愚かさが描かれています。
    テーマが重く、絵も「カワイイ」とはいえないけれど、
    こういう作品を伝えていく必要があると思います。
    田島征三氏の「あとがき」にもあるように、
    たとえ初めて読んだ時には作品の訴えることがわからなくとも。
    また、題名は『しばてん』ですが、
    主人公の「たろう」は、あくまで人間の「たろう」ですよね。
    たとえ「しばてんの生まれ変わり」であっても、
    「たろう」は「たろう」だったから、
    「かえってこなかった」のですよね。
    作者の学生時代の処女作!
    高学年で読もうと思います。

    掲載日:2006/12/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • しばてんさんどこにいるの?

    しばてんの絵本は、私の妹がお誕生日プレゼントにくれた大切な絵本です。

    それと、作者の田島征三さんは、私の生き方を大きく変えてくれた大切な人です。

    しばてんの絵本は土くさく、かわいい絵ではありません。しかし 私はこの しばてんに惹かれるのです。


    しばてんは、すもうが好きで、毎晩村の道に現れては「おんちゃん、すも とろ。」といって、百姓を、なげとばす。

    なげとばされた、百姓は足腰が立たなくなって、一月ものらに でられない。

    むらびとも困って、「しばてんを やっつける、」相談をした。
    ある夜 馬のとめきちに蹴飛ばされて、しばてんは遠く遠くやみの、かなたへきえた。

    このしばてんの生まれ変わりなのか、村のはずれに赤ん坊のたろうが 捨てられていた。

    このたろうもやっぱり、すもうばっかり つよいがきだいしょうに なった。

    そんなたろうがどんなふうに、生き、役人に連れて行かれた
    か・・・・・


    田島征三さんがみんなに伝えたい事が絵本に書かれています。

    この絵本は子どもには難しいかもしれませんが大人が読んであげたらきっとしばてんやたろうの気持ち人間とはが伝わるのではないでしょうか?

    私はこの絵本が、やっぱりすきです。すこし涙もでますが・・・・・

    掲載日:2006/04/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何度も読みたい本

    中学生への読み聞かせに何回か読んでいます。
    それでも、まだ私の中ではすとんと落ちた感じがしません。
    読むたびに考えさせられます。
    ただ、何度読んでも村人たちのしたことを心底憎むことができません。
    弱くて虐げられた人々が、あのような立場になった時、
    しばてんのせいにしてしまえと思う気持ちが出てきてもしょうがないと思えるのです。
    しかし、みんなの心の中にしばてんが生きています。
    作者のあとがきに書かれているように、いつか「こういうことなんだな」と
    わかる日がきたらなあと思います。
    そして、聞いてくれた生徒たちも同じように思う日が来てくれたら、
    読み聞かせをしている者として、望んでいることです。

    掲載日:2015/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなことして…

    読み終わって、心に残るのは、脱力感。
    なんだかとても切ないお話でした。
    すもうで打得意なしばてんに投げられた人間は、腰を痛めてしまってしばらく畑仕事ができない。そんなしばてんをみんなでやっつけて追い出したあとに、赤ん坊の太郎が現れた。。生まれ変わりなのか?はっきりしないうちに悲しい出来事が起こる。人間たちのとった行動は、余りにも身勝手すぎる。悲しみと憤りが湧き上がってきた。作者の独創的でダイナミックな絵が、その気持ちを倍増させてくれた。
    子どもたちの心には、すぐには響かない内容かもしれないが、どこか心の片隅に残っていて欲しいと思った。

    掲載日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返し読みたい

    とても重く深いテーマでした。
    きっと、今の子供に全てを理解することは難しいことでしょう。
    人間の身勝手さや集団の怖さなど・・・醜くて、嫌な部分ばかりですが、大人になればなるほど、思い知ることばかりです。
    しばらく時間をおいてから、また読み聞かせしたいと思いました。

    掲載日:2013/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸が痛みます

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    自分たちのことしか考えない村の人々に、私たち人間の身勝手さを見たようで、胸が痛みました。

    都合のいいときだけもてはやし、都合が悪くなれば放り出す。
    このお話を読み、村の人々に憤りを覚える人が多いと思います。
    でも、似たようなことを私たちは悪意すら感じず、無意識のうちにやっていることもあるのかと思いました。

    自分たちがよければいい。
    そう思う人の影で、悲しんだり苦しんだり、辛い思いをしている人や生き物がいるんですよね。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意欲作です

    妖怪?のしばてんと間違われた?たろうの話。あとがきに作者の思いが書かれていました。
    「子どもたちに影響をあたえる絵本作家として、責任を感じる。この絵本が子ども達の成長過程で、あるいは青年になってからでも、かれらの心の中で発酵して、あの絵本の作者がいおうとしたことは、このことだったのかと心に沈んでくれることです。」
    要約するとこんな事を書いていました。
    すごいなと思いました。
    その本を選んで読み聞かせる私にも、責任、願いはあるのですが。
    ただ、初めて話を聞いた息子には、よく分からなかった。
    たろうは、その後どうなっちゃったんだろうね?息子にもたろうはしばてんに思えたのでしょう。きっと帰ってくるって。
    答はわかりません。ただ、この本は村人がたろうをあるときは、妖怪扱いし、ある時は救世主扱いし、そして都合の悪いところをたろうに押しつけてしまうところに大きな問題があると思うのです。役人には、「しばてんがやった」というのは、たろうとしばてんを同一化してしまている。
    それが伝わらないのは残念なのですが、それがこの本の弱点かもしれません。
    子どもの心に残って、実はあの話はこういうことを言いたかったんだって、いずれ感じてくれる。それがねらいです。
    絵について見れば、田島征三にしては随分と抑えた感じがしました。「くさむら」や「とべバッタ」のような爆発するような絵と正反対なところに、込めた思いがあるのかとも思います。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力ある絵が胸に響き、内容もウッときます

    • ダリモさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子10歳、男の子8歳、男の子5歳

    「しばてん」とは、昔、土佐に住んでいたと言われる、
    妖怪のことで、河童に似ていて、相撲好きの妖怪だそうです。これだけで、興味が湧いてきますよね!
    絵も迫力満点!!
    話は、グッときたぜよ!!と思わず土佐弁が出てしまいそうな内容です。
    子供も大人も楽しめる絵本です。

    掲載日:2008/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸に残るやるせなさ

    • ひろぽんぽんさん
    • 40代
    • パパ
    • 石川県
    • 男の子15歳、男の子12歳、女の子7歳

    自分を村から追い出した村人なのに、彼らのために力を尽くした「しばてん」は再度、村人のために犠牲になります。「しばてん」が背負った悲しい運命を思うと、切なさがこみ上げてきます。きっと、子どもたちは、なぜかは分からないけど、なにがしかのやるせなさが胸に残っているのではないかと想像します。おとなになったときに、いつか「しばてん」を思い出す瞬間が誰にもあるのでは。そんなふうに思います。

    掲載日:2007/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力の絵が重い内容と重なります。

     力強いタッチの絵と、飾り気はないけど率直な文章で我が家の子どもたちが大好きな田島さんの作品です。どうして?と思うのですが、(作者に失礼でごめんなさい)色も暗く絵も可愛らしくないんですけど、子どもは大好きです。

     この絵本が言いたい事を子どもたちがいつか気がついてくれればと思いますが、兄は「しばてんどこにいったの?」と繰り返し聞いてくるので、その返答に親はしどろもどろです。村人に嫌われて一度は追い出された太郎が、村人のために庄屋のおコメを盗み出し、そのおかげで命が救われたのに犯人は太郎だとお役人につきだす村人。こんな残酷なことがあっていいのか、理不尽だと憤りたくなりますが、現代にもこれと似た出来事は起こっているのだと思います。

     一度手にとって見てください。忘れられない絵本になると思います。

    掲載日:2007/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット