ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

わすれられないクリスマス」 みんなの声

わすれられないクリスマス 作:マウリ・クンナス
訳:いながきみはる
出版社:猫の言葉社
本体価格:\1,800+税
発行日:2008年10月20日
ISBN:9784904196014
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,957
みんなの声 総数 5
「わすれられないクリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゲームやスマートフォンなど便利なものが当たり前のように溢れかえる世の中、「子どもは子どもらしくあってほしい」と思っている親は多いと思います。
    「けどそう思うのも親のエゴ?」「子どもを尊重しなくては!」とグルグル考えてしまい、ついつい子どもが喜ぶゲームやおもちゃばかり与えてしまったり。

    そんな親にも子どもにも、全ての子育て世代に読んでもらいたい絵本です。
    楽しい絵とともにじつは大事なことが全てかかれているからです。

    物語はこう始まります。
    「ねえ、クリスマスって一年でいちばん楽しいと思わない?
    クッキーをやいたり、モミの木をかざったり、それに、プレゼントをあげたり、もらったりするんだもの。
    だけど、なんでももっている人にプレゼントするのは、とてもむずかしいよね。ぼくたちの町タッスラでは、
    クリスマスに
    ふしぎなことがあったんだ・・・。」
    このうつくしい言葉とファーストカットの次に、「わすれられないクリスマス マウリ・クンナス 作」というタイトルのページ。映画のように絵本は始まります。
    お金持ちでなにをもらってももう喜ばないオンニ、ドラキュラ家のオットとロッタなど街の仲間たち、そして、ぐっすりメーメさん!が迎えるこの年のクリスマス。
    いったいなにがおこるのでしょう?
    そして、どんなに便利で最新のかっこいいものをもらっても嬉しくなかったオンニが一番喜んだ最高のクリスマスプレゼントとは?
    実際に読んで確かめてみてください。

    私がとくに好きなのは中盤のぐっすりメーメさんが登場するシーン。
    クリスマスの夜中の静けさと寒さが伝わってくるかのようです。子どもの頃、みんなが寝静まったクリスマスの真夜中に降る雪を想像しただけでわくわくしたことを思い出しました。
    ぐっすりメーメさん未読の方も、メーメさんファンも楽しめる一冊であり、合理主義の世の中を一蹴するこの本を、全ての子どもと大人に自信を持ってすすめたいです。

    ちなみに、私が今日読み聞かせた7歳の女の子は、「ぜったいに最後のプレゼントが一番いい!」と言っていました。
    わくわくドキドキが詰まった「わすれられないクリスマス」、読んでみてください。今年もクリスマスが楽しみになります。

    掲載日:2012/11/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 素敵なクリスマス

    「ぐっすりメーメさんシリーズ」にはまり中の5歳長女に読みました。

    今回はオンニというお金持ちのぼっちゃん中心のお話ですが、とっても良かったです。何でも買ってあげるオンニのパパとママ。でもそんなにオンニは興味もなく…。子供の喜ぶものってお金で買えない経験だったり、環境だったりなんですよね。お金があれば心が満たされるわけじゃないことをわかりやすく教えてくれる絵本です。親として考えさせられると同時に、オンニの心はまっすぐに育っていたのだなとうれしくなりました。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ここでもメーメさん大活躍!

    同じ作者のクリスマス絵本、『サンタクロースと小人たち』はよく知られていますが、こちらも楽しいお話です。
    トラック2台分のクリスマスプレゼントをもらっても全くうれしくない社長のひとり息子オンニに、ちょっとした手違いで、不思議なプレゼントが届きます。そこに登場するのが、我が家で大人気のぐっすりメーメさん。メーメさんの大活躍に、サンタさんもビックリです。
    我が家の子どもたちは、この作者の細かく描かれたユニークな挿絵が大好き。ページの中にひょっこりと現れるぐっすりメーメさんを探したり、まっくろくろすけのような人物(くものへイッキ?)を見つけて喜んでいます。
    マウリ・クンナスさんの絵本は遊び心が満載で、一度きりでなく何度も何度も楽しめて、本当に大好きです。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が外国な感じでかわいい!

    オンニはホントはおもちゃなんか欲しくなくて何かを作ったりじたかったので、両親のプレゼントを喜んでませんでした。その時の顔がとってもふてぶてしくて笑っちゃいました。うちの子はとっても羨ましがってました。だって、トラック二台に山盛りのプレゼントをもらっていたからです。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわくする気持ち♪

    物がありすぎて何にも興味を持てないオンニ。
    父親はどんどん物を与え、母親はかいがいしく世話をやく。
    ここまで徹底した過保護ぶりは、もう笑うしかないでしょう。

    そんなクリスマスの晩に不思議な事がおこります。
    「パパ、ママ〜このプレゼント、さいこうだね」
    オンニが心から喜んだプレゼントとはいったい何だったのでしょう。

    オンニがお話の前半とは変わって、
    いきいきと楽しそうに遊ぶ姿方がとっても印象的です。
    オンニに届いたのは子どもらしい、わくわくする気持ではないかしら。

    掲載日:2009/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くろくんとふしぎなともだち / まっててね / ぼくのかえりみち / ぐっすりメーメさん夜のおさんぽ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット