おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

おべんとうがふたつ」 みんなの声

おべんとうがふたつ 作:伴弘子
絵:伊藤 秀男
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\835+税
発行日:1987年02月
ISBN:9784494005222
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,688
みんなの声 総数 1
「おべんとうがふたつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 上の子の弟に対する気持ち

    上の子の弟に対する気持ちの変化が、三つの話に集約されていました。

    児童書です。

    私にも三つ違いの弟がいるので、上の子の気持ちはよくわかりました。

    大人になれば、弟の気持ちを察することもできますが、何かと上の子のマネをしたがる下の子というのは、うっとおしく感じるものです。

    私は子どもの時には弟の気持ちに気付かなかったけれど、弟の気持ちを感じるぼくが、すごいなあと思いました。

    「がくげいかいのしょう」では、学芸会の歌を弟に邪魔されるぼくに同情し、「おべんとうふたつ」では、弟が一緒に遠足について行きたいという気持ちがわかったぼくの切ない気持ちに共感しました。

    息子は弟がいない一人っ子なので、ピンときていないようでした。

    伊藤秀男さんの子どもの気持ちをとらえた絵が印象に残りました。

    掲載日:2009/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット