おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

風をおいかけて、海へ!」 みんなの声

風をおいかけて、海へ! 作:高森千穂
絵:なみへい
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年
ISBN:9784337330665
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,805
みんなの声 総数 4
「風をおいかけて、海へ!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分とダブらせ読んでみると

    この本は今年の課題図書になっている児童書です
    男の子だったら誰もがこんな経験した事あると思います
    我が家の息子もワクワクしながら最後まで時間をかけず
    読む事が出来ました。夏休みの読書感想文がこんなに
    スム−ズに書き終える事が出来たのは今年が初めてでも
    ありました。そして学校でも全校代表で読書感想文が
    選ばれる運びとなりました。皆さんも、子供さん達も
    自分と共感出来る本を是非探して、選んでみて下さいね

    掲載日:2009/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二人の関係☆

    現代には当たり前だけどちょっと切ない家庭環境や
    お互いを「友だち未満」と感じている
    そんな今を生きている二人。

    そんな二人が自転車に乗って大冒険!!

    水のことでケンカしたり、出会う大人を変質者?!だなんて疑ったり、
    そんなこんなありながらも、お互い助け合って長い長い道のりを進んでゆく姿。

    「友だちってなんだろう。」と、机に向かって深く考えなくても
    一緒に行動し、気持ちを共感し合い、泣いたり笑ったり怒ったりそんな関係を大切にしていく方が、ホントの友だちに出会えるってことを伝えているような気がします。

    ストーリーのテンポも早く、一気に読めました。

    思春期にさしかかる一歩手前の男の子達に、ぜひ読んでほしい1冊です。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • MTB、そして大人の存在

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    川崎から湘南まで40キロ、往復80キロ。
    8時間で行って帰ってこれる、という一樹に付き合って、
    拓人も同行することにしたのです。
    MTB、マウンテンバイクでの、小5になる春、海を目指して、二人の自転車の冒険。
    「友だち未満」と称する二人の関係もスリリングです。
    男の子だったら、かっこいいMTBですし、共感できると思います。
    刻々と変わる風景、目印にした電車の線路。
    その勇気と頑張りに思わず拍手したくなりました。
    そして、だんだん明らかになる、旅の目的。
    二人の家族環境も、最近の小学生の家庭を反映しています。
    忘れてならないのは、途中で出会う大人の存在。
    変質者に間違われたり、散々ですが、本当に困った時に助けてくれる、
    その存在感が嬉しかったです。
    このあたりの、子ども達へのフォローの仕方、
    実は先日中学校で、「思春期のわが子と本気で向き合うために」という
    懇話会に参加して考えさせられていただけに、
    私にはとてもストレートに響きました。
    そして、知らない大人との対峙の仕方も、
    小学生らしくてほほえましかったです。
    湘南の海や、江ノ電は、関東地区以外は馴染みが薄いのが難ですが、
    これを機に関心が持てたらいいですよね。
    私も馴染みがなかったけど、実際に行ってみたいなあ、と思いました。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険する心

    • 冬苺さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子10歳

    道が続く限り、遠く遠くへと自転車を走らせる少年たち。
    ただ、たどり着くんだ、という思いだけ熱く、
    日々成長してきた体力に任せてペダルを漕ぐ。

    おそらく、大人といわれる人たちはこんな事はしない。
    明日のことを考え、安全第一で自分が分かる範囲で物事に望む。

    それは、正しい判断かもしれない。
    でも心躍るような冒険はできない。

    この本を読んでいて、私は大人を忘れ、少年たちと一緒に冒険をしているような気持ちになっていた。

    また、いまどきの少年たちの友達づきあい、
    不審者なども取り込まれているところが、現実的で等身大の生活感があり、いっそう親しめた。

    掲載日:2009/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だから? / でんしゃはうたう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット