十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ひらがなにっき」 みんなの声

ひらがなにっき 作:若一の絵本制作実行委員会
絵:長野 ヒデ子
出版社:解放出版社
本体価格:\1,900+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784759222432
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,380
みんなの声 総数 9
「ひらがなにっき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み書き出来ない不便さ

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、女の子9歳、女の子6歳

    1925年(大正14年)に生まれた吉田一子さんの実話です。
    吉田さんは 2歳の時にお母さまを亡くされ、よそにもらわれました。
    7歳頃から子守をしていたので学校に行けず、読み書きも出来ません。
    この絵本では、長野ヒデ子さんのユーモアをまじえたイラストで
    読み書きの出来ない不便さが描かれています。

    吉田さんは読み書きが出来なかったため、
    ラーメンを食べようと思ってもメニューが読めなくて諦め、
    銀行で引き出しの手続きをしようとしても
    自分の名前すら書けないばかりに、お金を下ろすことさえ出来ない。
    駅で落書きを見て、ビックリすると同時に悲しくなったことなど。

    そんな吉田さんは還暦を過ぎてから、識字教室に通い始めました。
    病院で自力で書いた名前を 看護師さんが呼んでくれた時、
    どんなに嬉しかったかが、とてもよく伝わりました。

    あとがきに識字教室の様子や、吉田さん直筆の「ひらがな日記」が
    掲載されています。拝読しているうちに、自然と目頭が熱くなります。
    日本は世界的に見ても、識字率がかなり高いだろうと思いこんでいましたが、
    部落問題などから学校に行けなかった方が、少なからず いらっしゃるのですね。
    1990年が国際識字年と制定されて20年近く。
    読み書きが出来ないばかりに苦労を強いられる人がいなくなることを願います。

    長谷川義史さんの作品「おたまさんの おかいさん」同様、
    大阪が舞台となったお話で、関西弁で書かれています。
    そして、どちらの話も 部落問題や戦争などの複雑な時代背景に左右されて
    自由や通学などを手にすることが難しかったことが伝わって胸が痛みます。
    戦争もなく、選挙権や自由を簡単に手にしている私たちは、
    当然と思っている身の回りのことに、もっと感謝すべきだと考えさせられました。
    自分の予測外の大変な状況の方がいらっしゃるのだということを知るために
    ぜひ子ども達に読んで欲しい1冊です。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 文字を書けることって素晴らしいこと

    60歳を過ぎて文字を習い始めた一子さん。
    自分の本当の誕生日もしらない一子さん。
    不幸な生い立ちだと思いますが、一子さんが字を覚えていく楽しさがのびのびと描かれています。
    それを長野ヒデ子さんの絵がユーモアを加えてくれています。
    文化センターで文字を習い始めた一子さんの、6月から始まって翌年の3月までの日記。
    気がついたら一子さんの日記に漢字が出てきています。
    右ページには日記とそれに添えられた風景。左ページにはまだ自分で文字にできない一子さんの生活。
    字を知らない不便さや悔しさ。
    自分たちには当たり前にできていることが、当たり前でない人たちにとってどれほど大切かをこの絵本を伝えてくれます。

    絵本の最後に書かれていることは、さらにとても大事です。
    この絵本の日記。
    実は書きたいことを孫の司君に話して、その話を文章にしてもらった上で、間違いのないように書き写していたのだと知らされるからです。
    そして、その後に一子さんが自分自身で書いた日記の写し。
    とても癖のあるひらがなで書かれているだけでなく、間違いがあったり、句読点がなかったり…。
    読み聞かせをするには、自分も何度もつかえてしまい、さらに判読してから読み直したり苦労しました。
    しかしその中に一子さんの強烈な感情、悔しさと伝えたい願望が溢れています。
    この絵本を手にした人は、ここのところまで伝えてあげて欲しいと思います。

    息子はたどたどしくなった私の語りに、吉田さんへの関心を深めたようでした。
    この絵本には、日記とストーリーの他に絵の中に登場する人たちのいろいろなセリフがあります。
    私は飛ばしてしまいましたが、読み終わってから、息子はその一つ一つを読んでいました。

    とても貴重な絵本だと確信します。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • 本当はすごいこと

    深く考えずに(日記、しかもひらがなだから、娘の何かの参考になるかな?)と思って選んだのですが、読み進めるうちに(あっ…)となりました。

    このお話で日記を書いているのは、おばあさん。
    おばあさんは養子にもらわれたので、自分の本当の誕生日を知りません。
    そして、字も読めないのです。そんな時代が、さほど遠くない頃に本当にあったのです。

    私の祖母も、ひらがなしか書けなかったことを思い出しました。
    このお話は、『富田林識字学級』に通われていた方の実話です。
    最後に、ご本人の本物の日記も掲載されています。
    文字が読めずに悔しい思いをされたこと、本当に胸がつまります。

    今のこどもたちの祖父母、いや、お父さんお母さん世代の祖父母でも、
    文字の読み書きができないという人は、少ないのではないかと思います。

    文字が読めないって不便だね…。
    読めることが当たり前に感じるけど、本当はすごいことなんだね…。
    学校で教えてもらえるって、ありがたいことだね…。
    という気持ちを込めて、娘に読んで聞かせました。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 言葉は大切

    大正14年生まれのおばあちゃんの物語です。
    小さい頃、学校に行くことができなかったので
    おばあちゃんは文字を読んだり書いたりすることが
    できませんでした。
    60歳をこえてから大阪の富田林識字学級で一生懸命
    文字を学ばれました。

    文字が読めないので外出先でラーメンを食べたくとも
    食べることができなかったこと、お買い物をするのも
    大変だったこと。
    そんな日々のおばあちゃんの苦労と、一生懸命勉強する
    姿を想像すると涙が出そうになります。

    駅の落書きを見て憤慨している様子にも衝撃を受けました。
    「なにかんがえてるんやろね だいじな かわいい
     じ つこて ひとの わるぐち かいて
     ばち あたりまっせ」

    文字を覚えて楽しんでいる娘にも説明しながら読んで
    あげましたが理解できたかどうか・・。

    大事な言葉を美しく使っていきたいなあと思いました。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 字の書けないおばあちゃん

    このお話は、昔お金が無くて学校に行けなかったのでおばあちゃんになっても字が書けず、今、一生懸命虹の勉強を頑張っているおばあちゃんのお話でした。うちの子はこのお話を聞いて、「なんで字が書けないの!?」と昔の事情を理解し難かったみたいですが、絵本を聞くうちになんとなく理解したみたいです。このお話を聞いて勉強にも励んでほしいものです。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 吉田一子さんには頭が下がります

    1925年(大正14年生まれ)の吉田さんは、お母さんを2歳の時亡くしいろんな苦労をしたのでしょうね・・・

    しかも学校へ行けず 字も読めず ラーメンを食べようと思っても字が読めず食べることができなかったのです
    なさけのうて なさけのうて(涙が出ます)

    60歳になってから 識字学級に通い ひらがなの勉強をしました
    ひらがなにっき 感動します!  
    長野ヒデ子さんの絵も味があるのですが・・・・ 吉田さんの書きたい意欲が痛いほど伝わり涙が出てきます

    孫の司くんに話をして 文章を書いてもらい その文字を写していたということですが・・・・ 
    このように ひらがな日記を書いてくださったことに 本当に頭が下がります

    ひらがな日記は読んでいるだけで 吉田さんの人柄が見えます。
     66歳の誕生日 家族の人がお祝いしてあげて 幸せだな〜と思います
    孫の司くんもやさしいな〜

    でも・・・・ いろんな悲しい苦労をした 吉田さんのことを思うと 涙が出ます
     
    絵本にそえてを読むと その苦労がよくわかります
    銀行での出来事  字がかけない 字が読めないことは本当に生活していく上で大変なことです
    私たちは当たり前のように 学校で字を習い 生活しているのですが
    昔 学校へ行けずにいた人 
    吉田さんのように苦労した人がたくさんいたのでしょうね

    吉田さんすごい! 自分で字がかけたんですね   すごく うれしいです!
    この絵本をみんなにも 読んであげたいと思います!

    若一の絵本制作実行委員会のみなさん ありがとうございます。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文章を書くという大きな意味

    長野ヒデ子さんの楽しい絵で
    別段、考えもせずに
    借りたのですが・・・

    部落問題や戦争などの複雑な時代背景があり
    びっくり

    「識字」という言葉も
    大人になってから知った言葉です

    大人は、皆文字が読めて書けて
    当たり前ーと子どもの頃から思い込んでいました
    そうではないのですよね

    表紙を開くと
    「1925年(大正14年)に生まれた人のおはなしです」

    とのこと
    そんなに昔ではないんです

    楽しそうな66歳の誕生日の絵日記から始まりますが
    左のページを読むと・・・

    いろいろ考えながら
    じっくり読ませていただきました

    「絵本にそえて」の文章も
    じっくり読みました
    いろいろ考えさせられます

    お孫さんと一緒に
    成長出来ることが
    素敵ですよね

    文字を書く
    文章を書く 意味
    自由に書ける幸せを
    改めて再確認いたしました

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 字の勉強

    今、私たちが絵本を楽しめるのは、字が読めるからです。
    自分の名前も書けない・・・それは、本当に大変なことでしょう。
    この本では、字を学んだことによる喜びだけでなく、知らなかったことでの悔しさも、ひしひしと伝わってきました。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長野ヒデコさん

    長野ヒデコさんの作品だったのでこの絵本を選びました。表紙の御婆ちゃんの皺の描き方がとても愛に溢れていて素敵だなと思いました。素晴らしい感動を味わえる絵本でした。人の生きる意味や努力する事で得られる目には見えないけれど何物にも代えられない気概。主人公の御婆さんから人生で大切な事とは何かを教えてもらえる絵本でした。気持がストレートに伝わってくる最後の文章にとても感動しました。学ぶ事の素晴らしさを再確認出来る絵本です。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット