だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

のっぽのミニとぺこぺこねこのマウツ」 みんなの声

のっぽのミニとぺこぺこねこのマウツ 作・絵:クリスティーネ・ネストリンガー
訳:川西 芙沙
出版社:くもん出版
本体価格:\971+税
発行日:1994年09月
ISBN:9784875768654
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「のっぽのミニとぺこぺこねこのマウツ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しっかりした女の子だな

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    6歳の長男が読めそうな本を探していて自分で読んでみました。

    のっぽのミニシリーズの2巻目で、1巻で無事小学校に入学したミニが近所のネコを飼うことになる話でした。

    ミニの家族は動物を飼うことには大反対なのですが、ネコの飼い主の近所のおばあさんが病気になってしまったので、熱心に世話をしてあげて、ずいぶんしっかりした子だなという印象でした。でもそのおばあさんが、すぐに死んでしまったところの描写があっけなくてちょっとびっくりもしたのですが。

    ミニと両親、お母さんとその母親であるおばあちゃんのやりとりがリアルで、誰でも自分と重ね合わせて読むことができるのではないかと思います。

    絵が多いですが、字も細かいので、やや量がありますが、小学校入学前後の子にお勧めです。絶版なのが残念です。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • オーストリアの生活事情が垣間見えました

    子どもの頃「きゅうりの王様」を読んで以来、気になっていたネストリンガー。

    のっぽのミニは、一年生の女の子。息子は二年生になりましたが、小学生物ということで読みました。

    オーストリアの生活事情が垣間見えました。

    お年寄りは一人暮らしだったり、昼食サービスをとっていたりと、日本とよく似ていると思いました。

    というのか、日本も海外と同じ状況になってきたと言った方がいいかもしれません。

    ねこが飼いたくてたまらないミニの奮闘ぶりが微笑ましくてそして健気だなあと思いました。

    おばあちゃんはねこ好きだけど、キャラクターとしては濃い感じで、ユニークだなあと思いました。

    おばあちゃんとおかあさんのやりとりに、日本でもこんな親子喧嘩ありそうと思いました。

    切ない場面もありましたが、親子愛が感じられるのがいいなあと思いました。

    掲載日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット