十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

きえたねこをさがせ」 みんなの声

きえたねこをさがせ 出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1995年12月
ISBN:9784034313305
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「きえたねこをさがせ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもたちの個性がいきいきと

    ぼくはめいたんていシリーズでお馴染みのマージョリー・ワインマン・シャーマットと息子のアンドリューとの作品だそうです。

    めいたんていシリーズも好きなのですが、このスクールバスのなかまたちのシリーズも子どもたちの個性がいきいきと描かれていて、息子も私も好きです。

    子どもたちを見守る先生たちや運転手のハリーなどの大人も子どもとほどよい距離なのが、いい感じだと思います。

    息子がアレルギーだと過保護に心配するキルトマンさんも、いかにもいそうな感じがしました。

    日本とは違う運動会風景に文化の差を感じました。

    ねこが袋に入ったまま、ゴミ収集場に運びこまれてしまうのではないかとハラハラしました。

    お国の違いはあっても、子どものすることはよく似ているので、息子は親近感を持って聞いています。

    一人で読むなら中学年からだと思います。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろかったです

    学校へいくのに、スクールバスなのが、にほんとちがうとおもいました。

    いじわるブライアンが出てきたので、どんないじわるをするのかなあっておもいました。

    ねこが、ふくろにはいって、どこかいっちゃったから、ドキドキしました。

    スクールバスでサイレンならしておいかけるのが、パトカーみたいっておもいました。

    ねこがみつかるといいなあっておもいました。

    アニーが足をひっかけるから、よくないなあっておもいました。

    うんどうかいが、三年生からしか出られないからおどろきました。

    ぼくは二年生だから出られないっておもいました。

    にほんの話とちがうところもあったけど、おもしろかったです。

    掲載日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット