宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ムスティのあかいふうせん」 みんなの声

ムスティのあかいふうせん 作・絵:レイ・グーセンス
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1996年02月
ISBN:9784333017799
評価スコア 4
評価ランキング 24,694
みんなの声 総数 1
「ムスティのあかいふうせん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 風船と一緒にふわっと、飛べたらいいね。

    テレビアニメバージョン。
    お手伝いをしたご褒美に、赤い風船をママからもらった、ムスティ。嬉しくって、みんなに見せに行きます。
    そこへ、うさぎくん(彼はいつも問題を起こす)がやってきて、「ぼくにも、もたせて!」と、風船をもたせてもらいます。そして、風船を持ちながら、軽々とたかいジャンプをして遊びます。(それがすごく、楽しそう)
    そのうち、調子にのりすぎて、風船は割れてしまいます。(アーァ、残念。)
    けれども、ムスティは風船が割れたことよりも、うさぎくんにけががなかったことを喜ぶ、優しい子どもでした。
    そんな所も、この絵本の魅力かもしれません。

    投稿日:2003/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット