しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

クマの名前は日曜日」 みんなの声

クマの名前は日曜日 作:アクセル・ハッケ
絵:ミヒャエル・ゾーヴァ
訳:丘沢 静也
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年06月
ISBN:9784001108620
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,855
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぬいぐるみとの心のふれあい

    • かよたさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    アクセル・ハッケさんの『ちいさなちいさな王様』という本が大好きで、他の作品も読んでみたくなり、図書館で借りてきました。
    どちらもミヒャエル・ゾーヴァさんが挿絵を描いています。

    ある日男の子のもとにやってきた、クマの日曜日。
    何もしゃべらないし、抱きついてもこない。
    日曜日はぼくのことをどう思ってるんだろう…。
    お母さんが日曜日を洗濯した日の夜、夢で見たのはクマの国。

    こども目線なお話ですが、考えさせられる部分が多く、大人が読んでも十分に楽しめる本。クスッと笑えるとこや、ささやかな毒がお話の至る所に散りばめられています。
    ぬいぐるみに布団をかけてあげたり、人形の髪の毛をといてあげたり…今では忘れてしまったけど、きっと私もこの男の子と同じように考えていたのでしょう。そんなぬいぐるみとの心のふれあいも、子どもにとっては大切なものなのだと思います。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • クマの目線

    絵本の表紙になっている絵を実際に購入してしまうくらい好きです。
    ソーヴァの絵はどこか自分の中で物語を作ってしまう魅力がありますが、今回のクマちゃんもその1つです。
    あきらかに大きすぎるミルクの入ったグラス。
    この無表情なクマちゃんが何を語っているのか?
    やはり読み解くには大人でないと難しいかもしれませんが、
    一方で純粋な子供だったら簡単に理解できるのかもしれません。

    掲載日:2010/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぬいぐるみの疑似体験

    お気に入りのぬいぐるみだけど、ぬいぐるみは口をきいてはくれないし、自ら行動する事もない。
    そのクマのぬいぐるみの「日曜日」とゴッコ遊びをしていたら、夢の中では立場が逆転してしまいました。
    ハッケの空想力とゾーヴァの絶妙な表現力で、何とも意味深長な作品になっています。
    子どもの視線で描かれているようですが、大人の世界のような気がしました。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人にも良い絵本

    大人が読んでも良い絵本だと思います。
    テディベアが好きなのとタイトルが印象的だったので読んでみました。
    主人公の男の子のテディベアに対する気持ちが描かれています。
    子どもと仲良しのテディベアっていいなーと思いました。
    洗濯されて干されているテディベアがかわいらしかったです。

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / もこ もこもこ / おおきな木 / かいじゅうたちのいるところ / つみきのいえ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット