しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

子どもへのまなざし」 みんなの声

子どもへのまなざし 作:佐々木 正美
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1998年07月
ISBN:9784834014730
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,957
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 分厚さが全く気にならない

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    親しい友人から勧められた一冊。

    元々育児書を読むのはあまり好きではない私ですが、
    この本は「育児書」というよりも、
    大人としての、そして親としての心構え的なことが
    佐々木先生の優しい目線で描かれています。

    最初はあまりの分厚さにちょっと気後れしましたが、
    読み始めると分厚さも気にならない。
    あっという間に、読み終わってしまいました。

    普段、子供とあまり一緒に過ごす時間のない私は、
    子供を甘やかしすぎると実母に怒られてばかり。

    でも、「甘やかしすぎて悪いことはない。」
    「子供は自分で動けない分、大人が聞いてあげないといけない。」

    というコトバに、「やっぱりこれでいいんだ!」と
    勇気付けられました。

    子供といっても一人の人間。
    子供の気持ち、権利、主張を大切に、
    一緒に仲良くやっていける大人でありたいと思った一冊です。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出会えて本当によかった

    子どもは好きなはずなのに、かわいいわが子なのに、気がつけば怒ってばかり・・・。どうしてうまくいかないんだろう、と悩んでいたときに友人宅でこの本に出会いました。

    誰かに語りかけるように書かれていて、本を読んでいるのに人の話を聞いているのかのようでした。読み進めるうちにいろんな迷いが消えていって、だんだん優しい気持ちになってきて、どうしたらよいのかだんだん分かる気がして。

    翌日、翌々日、あれ?何が変わったのかわからないけど娘とうまくいくゾ・・・とっても不思議な思いでした。もっと早く出会いたかった。そう強く思いました。また何かに迷った時、育児に行き詰まった時またこの本を開きたいと思って購入しました。

    出産祝いに、育児中の方におすすめの1冊です。

    掲載日:2011/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手元に置きたい本

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    子育て中、妊娠中のママ、パパにお勧めの本です。
    この本に早い時期に出会えていて本当に良かったと思います。
    赤ちゃんをあやすこと、抱っこすることの大事さを改めて確認することが出来ました。

    子育てにいらいらした時に読んで初心を思い出すこともあります。
    子育て本(賢い子を育てる)等には全く興味がなく、そういう本は好きではありません。この本はそういった類の本ではなく、親の心構えや、指針を示してくれる本でとても参考になります。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • すべての人に読んでもらいたい

    保育士の経験があり、子育てにはあまり不安を感じたことがなかったんですが、この本を読んで「目からうろこ」でした。娘はもうすぐ5歳になりますが、「もっと早くこの本を読んでいたら良かった。」が実感です。本当にいい本です。気持ちが楽になります。そしてぜひお父さんたちにも読んで頂きたい。「子育てにどう関わっていいかわからない。」
    そんな悩みを解決できる1冊です。

    掲載日:2009/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育てに疲れたときに読んで欲しい

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子14歳、女の子12歳

    子育てには悩みがつきません。
    初めて経験することばかりで、何をどうすれば良いかわかりません。
    夜泣きで気力、体力がうばわれていきます。
    それなのに愚痴の一つも言えないのです。
    愚痴を言う相手がいないのです。
    もう毎日が苦しい、と思ったときに、
    この本を読むと良いと思います。
    現場を良く知っている佐々木正美先生が、
    苦しんでいるお母さんたちに、
    「そのままでいいんだよ」「大丈夫ですよ」
    やさしく語りかけてくれる本です。
    新しい「子育てのバイブル」と言っても過言ではありません。
    私は、妊娠したり、出産した友人には、
    必ずこの本を贈ることにしています。

    掲載日:2009/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぶたぶたくんのおかいもの / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット