もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

プララのとんねるぶっぶー」 みんなの声

プララのとんねるぶっぶー 作・絵:武内祐人
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784477020006
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,130
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 砂場のお山が‥

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    砂場で作った砂のお山のトンネルが続いているのは…
    ぷっぷ〜という単純な音の繰り返しなんだけど、小さなミニカーにのったねずみが探検するのは砂山のトンネル。いつも作る、あのお砂の山が!!と思うと、子どもはわくわくしそう。夢があってなんだか楽しい不思議な絵本でした。

    掲載日:2017/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても楽しかったです

    主人公のネズミのプララが車にのって出かけます。
    トンネルに入って…

    とても楽しい内容でした。
    アングルが、時々、車の前からになるのが、ちょっと、勢いが止まって残念な気がしました。
    全部斜め後ろからのアングルとかなら、もっと一緒に走っている感がでて、面白いんじゃないかな…と思いました。

    掲載日:2017/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私の幼い頃、トンネルがとっても好きだったことを思い出させてくれる作品でした。

    車で通っても、電車で通っても、とにかくワクワク感いっぱいでした。
    友だちが、両手を合わせ上にあげ作ってくれるトンネルもドキドキしながら通っていた記憶があります。

    さて、お話は可愛いねずみのプララちゃんが、赤い自動車に乗って、公園のジャングルジムを通り越し、お砂場にできている大きなトンネルに入ったら、・・・・・・。

    暗闇の中に入るだけでワクワクしちゃうのがトンネルですが、もう本当に別世界でした。
    吊り橋も、池の中も魅力的でしたが、私は森を抜けて、お月様が見える見開きが好きです。

    小さい読者さんは、これからトンネルに入る機会がある度に、プララちゃんと同じような経験を期待しちゃうのではないでしょうか。
    いや、もっとすごい世界に行っちゃうかもしれませんね。

    掲載日:2015/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • コアラ??

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    大きな前歯が特徴のプララがドライブしています.3歳の息子は「コアラだ〜」と言って喜んでいましたが,ねずみかなと私は思います.本にはねずみとは書いていなかったけど.まっくらトンネルを出て,森や池の中などいろんなところをドライブするのを息子も楽しんでいました.
    長くて暗いトンネルは嫌がる息子ですが,こういう楽しいことがいっぱいのトンネルがあったら喜ぶだろうなと思います.

    掲載日:2015/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険みたい!

    公園の砂場のトンネルの中に夢が膨らむ絵本でした。
    公園の砂場のトンネルをモチーフにしているところがよかったです!
    子供にとって公園の砂場はとても身近な存在ですもの。
    大人の私が読んでも,このトンネルの中はこんななのね〜とわくわくした冒険心を持ちながら読むことができました。
    なので,子供なら尚更楽しめるのではないでしょうか!
    プララの冒険を見ているようで面白かったです。

    掲載日:2014/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドライブ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    プララくんが自動車に乗ってトンネルを抜けていくお話です。
    幼い子供に向いたお話だと思いました。
    我が家の子供もトンネルが好きなようでよくトンネルごっこをして遊んでいます。
    プララが乗っている車はおもちゃかと思ったのですが、ライトがついたり本格的…というか本物なのかな。
    こんな自分サイズの素敵な乗り物に乗れたら子供は大喜びでしょうね。

    掲載日:2014/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険心をくすぐられます

    前歯の大きなこのネズミくんが、なんとも愛らしい!

    「いろいろなトンネルを走る話なのかな?」
    と思って開いてみたら・・・

    なんとも意外な展開が待ち受けていました!

    これは、ネズミくんの想像?それとも・・・。

    ネズミくんが走る夜の世界に、なんとも冒険心をくすぐられます。
    日常から異世界へ突然ワープしたような、
    ふしぎな気持ちになりました!

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 吊り橋!

    「とんねる」を理解した頃に読みました。
    この本のおかげでより理解が深まったようで、実際にドライブのときなどにトンネルに入ると「とんねるだねー。くらいねー」などと言うようになりました。
    またなぜか娘がはまったのが吊り橋のページ。
    よく行く公園に似たような吊り橋があって遊んでいるので、それと重なって面白かったです。
    娘にとっては「つりばし」の絵本みたいです(笑)。
    子どもの興味ってどこにあるかわかりませんね。
    それも絵本の醍醐味ですね。

    掲載日:2013/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力

    お砂場のトンネルをくぐるといろんな景色がプララを待っています。
    公園、砂場、ねずみ、車、りんご、など小さい子でもわかりやすいものが出てくるので1歳の弟も一緒に楽しみました。
    3歳の兄は公園に行った時この話を思い出してトンネル作りをしました。想像力をかきたててくれる素敵な作品です。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛嬌のあるお顔。

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    乗り物大好きな次男に。
    表紙の絵の可愛さに惹かれて借りました。
    ねずみのプララが砂のトンネルをくぐると中はまっくら。と思ったら、森に続いていて木と木の間やつり橋、池の中をドライブ。一通りドライブし終えると、砂のトンネルに戻ってきます。夢があふれた物語でした。
    絵も色んな角度から描かれていて、ページいっぱいの絵は迫力があります。
    横顔は普通のねずみですが、正面から見たプララはなかなか愛嬌のあるお顔です。

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本をふって、ゆらして、おどかして☆遊んで楽しめる参加型絵本

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット